筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青島に見えてしまった冨樫 「ホワイトアウト」

吹雪で視界が白い闇となる「ホワイトアウト」により親友の吉岡を救うことができなかった後悔を抱える冨樫。彼の勤務する奥遠和ダムに吉岡の恋人千晶が訪れた際、テロリストにダムが占拠され、冨樫は一人で戦う状況に陥る……
2000年 監督:若松節朗 出演:織田裕二、佐藤浩市



最初にこの「ホワイトアウト」を観る前、
真保裕一さんの原作を読んだ。
ちょうど映画化が決まった直後くらい。
一気読みだった。
もう面白くて面白くて、ページを繰る手が止まらなかった

その時点でもう主人公の冨樫は織田裕二さんに決まっていたので
私の中では読みながらすっかり冨樫=織田裕二、で何の違和感もなかった。

でもねえ……
冨樫はバッチリだったのだけれど、親友吉岡の婚約者千晶がねえ……
松嶋菜々子さんというのは、あまりに違うなあ、と

この話のキモは、
登山に慣れていたはずの冨樫が、
遭難の助けを呼びに行く道を間違えて「ホワイトアウト」に見舞われ、
時間を食ったが為に親友の吉岡を死なせてしまった。
だから彼の婚約者の千晶だけは絶対に死なせない。
テロリストとの戦いという尋常でない状況になったのに
一般の、ただのダム運転員でしかない冨樫が逃げずに立ち向かったのは、
その気持ちがあったから。
というところだと思う。

だから、その婚約者の千晶も、普通の女性でしかなく、
状況に負けないためにはやはり勇気を奮い起こすしかなく。
松嶋さんが持っている「強い」感じはなくて、
非力なんだけど必死で頑張っている、か細いイメージだったわけです、私としては。
千晶には冨樫への「恋人を死なせてしまった人」という確執はあれど、
「あの人は逃げるだけ」というフレーズを繰り返すのも何だか違う気がして

あとは、原作では登山用語だったり、ダムからダムへの移動の過酷度合いだったり、
文字だけではイメージしにくいものがあって、
映画だと視覚的にそれがスッと入ってくるのでは、と期待していた。
でも、結局わかりにくいまま終わっちゃった……
もっと地図とか用語解説とかさりげなく入っていてくれると
映像化が生きてきたんじゃないだろうか。

また、原作では冨樫がどれだけの覚悟を持って、
どれだけ大変な距離を移動して、
ダム運転員にしかできない機転を利かせ、
自らダムに流されて脱出するしぶとさを見せ、
といったところがとても面白かったのに、
映画では尺のせいだろうか、ただ雪の中を歩いてて
あっという間に目的地に着いちゃって……
みたいな感がぬぐえなかったのがもったいない気がした

とはいうものの、ダムを人質に身代金を要求するテロリストと戦う一般人、
というダイナミックで映像向けなアクション大作。
面白いことは面白い。
なので、民放だろうとBSだろうとCSだろうと放送してると観ちゃうんだな、いつも
吹越満さんがカッコイイし、佐藤浩市さんのワルぶりもハマッてるし、
高橋一生くんがあんなところにいたんだ、というのを今回発見して嬉しかったりして

で、織田裕二さんの冨樫、確かに原作と違和感ないんだけど、、、
どうも「踊る~」と前後して観たせいもあり、
ついつい青島に見えてしかたなかったのでした

コメント

熱い気持ちを押しだしてくる作家

映画化もされましたが、原作の方が面白かった・・・と思います!。
ちょっと冷静な感じですが、秘めてる情熱がより分かる気が。
いや、織田裕二好きとしては甲乙つけがたい・・・かも。
真保さんは最近「ローカル線で行こう!」って作品も出されて、
この作品もなんか熱かった。面白かったですよ。

ただこれからもこんなに攻めの作品を書き続けられるのか、
好きなだけに気になるところ。
ネットの記事を読んでいたら、貪欲でなければならない
訳があるって解説をしてるサイトがあるので貼っておきます。
http://www.birthday-energy.co.jp/

これからは大変そうですが、哀川翔みたいに格好良い作品を
出し続けてほしいですね。

  • 2013/04/04(木) 22:47:12 |
  • URL |
  • まみこ #DvI991tw
  • [ 編集 ]

真保さんファン

まみこさん
コメントありがとうございます。
映画もそれなりですが、原作は面白かったですよね。
真保さんの作品は、ホントに熱いしディテールがリアルで大好きです。
「ローカル線で行こう!」は未読で、これから読むのを楽しみにしています。

  • 2013/04/05(金) 07:50:44 |
  • URL |
  • junjun #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/203-fdb01b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。