FC2ブログ

筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

「ALWAYS 三丁目の夕日」のあの頃

東京タワーが建設途中の昭和33年。小説家になりたいが児童向け物語をしかたなく書いている茶川、東北から集団就職でやってきた六子を雇う鈴木オート、しかたなく知り合いの息子を頼まれてしまう踊り子崩れのヒロミ。そんな人々が温かく関わる三丁目の物語。
2005年 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一


続きを読む
スポンサーサイト