筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士の鑑 「最後の忠臣蔵」

吉良上野介邸討ち入りの際、大石内蔵助からの命を受けて生き延びた寺坂吉右衛門。そしてやはり生き延びていた瀬尾孫左衛門の姿を見かけた寺尾だが、実は瀬尾も大石からの密命を受けていた……
監督:杉田成道 出演:役所広司、佐藤浩市



亡き殿内匠頭の恨みを晴らすための討ち死に。
それは誰もが知るところの美談

そんな中で、生きることを命じられた二人がいた。
一人は遺族に討ち入りの真実を伝え、その生活を助けるため、
もう一人は内蔵助の隠し子を育て上げるため。

どちらも辛かったろう。
その辛さを耐え忍んだ者同士にしかわからないからこそ、
言葉もなくただ涙目でうなずく吉右衛に、たまらなく胸を打たれた
その表情は、さすがの佐藤浩市さんでした

どうでもいいことだけど、「きちえ」とか「まござ」とか、呼び方がかわいいというか。
昔、中島さんという友達が「なかじ」と呼ばれていたのを思い出したわ~

孫左は何にも語らず、真意をわかりあえるはずの親友すら斬ろうとする。
そんな中で、姫の名前など小さな手掛かりから真実にたどり着く上司の進藤さまは、
まさにご明察。
ホームズ並の鋭さだったよ~

孫左はいわゆる武士の鑑
内蔵助の命に忠実。
だからその任を果たしたら、ああなってしまうのね。。。
それが彼の望みで武士の究極の美徳だってのはわかるんだけど。。。

せっかく万に一つの偶然で親友と巡り会ったんだし、
長年理解し慕ってくれる女性もいたんだから、もう少し別の道も……
と思ってしまうのは今風の考え方だってわかってるけどね、、、
それでもやっぱり残念だったなぁ

桜庭ななみちゃんが、素直すぎる気の強い凜とした姫を好演。
山本耕史さんは、ちょっともったいなかったような気もする

あと杉田監督、なるほど「北の国から」だな~。
景色の美しさが存分
結構長めの映画だったから、切ってもいい部分もあった気がするけど。
でも会話しながらの、草履作りや墨絵や干し柿作りなどの手作業が、
細かいリアリティがあって心憎かった

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/101-f8ee00b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最後の忠臣蔵

不器用ですから・・・  

  • 2011/01/07(金)17:18:51 |
  • Akira's VOICE

最後の忠臣蔵

 『生き尽くす。 その使命を、その大切な人を、守るために。』  コチラの「最後の忠臣蔵」は、池宮彰一郎の同名小説を映画化した12/18公開のセンチメンタル時代劇です。監督は、 ...

  • 2011/01/07(金)19:41:30 |
  • ☆彡映画鑑賞日記☆彡

最後の忠臣蔵

最後の忠臣蔵 オリジナル・サウンドトラック忠臣蔵の後日談を描くことで、死ではなく生によって示す忠義を提示した、忠臣蔵異聞。ストイックな物語をハッとするほど美しい映像が彩 ...

  • 2011/01/07(金)23:58:20 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

『最後の忠臣蔵』

  □作品オフィシャルサイト 「最後の忠臣蔵」□監督 杉田成道□脚本 田中陽造□原作 池宮彰一郎□キャスト 役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、笈田ヨシ、山本耕史、伊武雅刀、風吹ジュン、田中邦衛、片岡仁左衛門■鑑賞日 12月11日(土)■...

  • 2011/02/18(金)22:19:12 |
  • 京の昼寝~♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。