筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなり原作に近いテイスト 「白夜行」

廃ビルで起きた質屋殺人事件。容疑者死亡で終わったかに見えたが、その後、容疑者の娘と被害者の息子の周りで不穏な事件が十何年にも渡って続いていくのだった……
監督:深川栄洋 出演:堀北真希、高良健吾



原作は、好きではないが、何度でも読んでしまう面白さ。
テレビドラマになったときは、その面白さが完全にブッ壊されてしまっていて、
何度テレビに椅子ぶん投げようと思ったか

でもこの映画のテイストは、かなり原作に近くてよかった

それでも、80年代、90年代に実際起きた犯罪、
例えばキャッシュカード偽造とか、スーファミソフトの海賊版とか。
そういうのの裏に全てこの二人がいた、という面白さは省かれちゃっていたな……
2時間の尺じゃしかたないかもしれないけど。

ただ、二人が会うシーンは全くなく、
起きた様々な事件から視聴者が真相を想像するという作りは、
原作が尊重されていて満足した。

亮司もドラマの軟弱男とは違って、
ちゃんと頭良くて行動力あって男気ある奴だったしね
冷静で陰があって残酷ということを含めて高良くんが魅力的に演じていた。

ただ、何故刑事が亮司を息子とだぶらせている、ということにしたのか理解に苦しむ
刑事のプライド、興味、意地ということでかまわなかったと思うんで、
そんな理由づけに時間取ってしまうのはもったいなかったと思うから。


しかし……
やっぱりこの雪穂という女、好きになれない
表面上は一切悪どさを出さないこの女を演じるのは大変だったろうと思うけど……
堀北真希ちゃん、頑張ってたとは思うけど……
やっぱり難しかったかなと思わせられちゃったな。
とにかく以前この本を読んで友達と意気投合した意見が、
「この女に天誅を!」だし。

それでもこの原作は面白い。
ドラマはひど過ぎて、映画はそれよりはかなりよかったけれど、
やっぱり原作を私はお勧めします



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/103-f2d7ab4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白夜行

今までにテレビドラマや舞台になってきた東野圭吾の同名人気小説を映画化。ある事件の容疑者の娘と被害者の息子が辿る数奇な運命を、事件を担当した刑事の目線で追う。主演は『誰かが私にキスをした』の堀北真希。共演に『おにいちゃんのハナビ』の高良健吾、『ウルルの森...

  • 2011/02/18(金)20:11:52 |
  • LOVE Cinemas 調布

白夜行

  主演は堀北真希。 監督は深川栄洋。 高良健吾、船越英一郎、戸田恵子、中村久美、 田中哲司、姜暢雄等が共演。 東野圭吾の原作小説を映画化。 本も過去に読んでいます。 綾瀬はるか、山田孝之の、 テレビの連続ドラマも見ました。 白夜行に関連した幻夜も 最近WO...

  • 2011/02/18(金)20:56:41 |
  • 花ごよみ

『白夜行』

  □作品オフィシャルサイト 「白夜行」□監督・脚本 深川栄洋 □原作 東野圭吾 □脚本 入江信吾、山本あかり□キャスト 堀北真希、高良健吾、船越英一郎、姜暢雄、緑友利恵、粟田麗、今井悠貴、福本史織、中村久美、田中哲司、戸田恵子■鑑賞日 1月29...

  • 2011/02/18(金)22:17:24 |
  • 京の昼寝~♪

その献身に泣く~『白夜行』

 昭和55年。廃墟となったビルで、男の死体が発見される。担当刑事の笹垣(船 越英一郎)は、被害者の息子・亮司と、加害者の娘・雪穂の幼い姿に、妙な胸騒 ぎを覚える。  大人気作家・東野圭吾の代表...

  • 2011/02/18(金)23:51:44 |
  • 真紅のthinkingdays

白夜行

公式サイト加害者の娘と被害者の息子。長い年月をかけて育んだ、2人だけが理解できる“愛”は、あまりにも悲しいものだ。感情を殺すことでしか生きられなかった男女の運命がやる ...

  • 2011/02/18(金)23:58:20 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。