筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒されたなあ……「ネコナデ」

人事部長の鬼塚は、容赦ないリストラを進めている一方、中途採用者の研修でも厳しい。そんな鬼塚があるとき捨て猫を見つけ、周りに内緒で飼うことにするのだが……
2008年 監督:大森美香 出演:大杉漣


大森美香さんらしい、あったかいストーリーだったなぁ
今回は脚本ではなく、監督だったわけだけど。

社員をリストラしまくる。
同時に新人を鍛える研修でも厳しすぎるほど叩く。
全てポーカーフェイスで冷静にこなす鬼塚人事部長

でも、それは表だけ。
毎日公園で、缶コーヒー片手にベンチでボーッとする時間がある。
子猫の愛らしさに目を反らせなくなり、ハマッてしまう。

そんなこんなの行動で、
いやな仕事を淡々とこなして見せても、やはり相当なストレスをためているのがわかる。
声高に「苦しい」などとは一言も言わず

このあたりの心情表現が、とっても上手いなぁと思うのだ

鬼塚役は、大森さんのドラマでしょっちゅう見かける大杉漣さん。
お二人、ウマが合うのか、仲良しなのか?
とにかくハマッていて、厳しい行動にもどこか愛嬌があり、筋を通す頑固さも憎めない。

そしてあの子猫の可愛さったら!!

観た後にホッコリとなれる癒し効果大の映画だと思う。
疲れたときに、また観ようっと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/107-12dd0358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。