筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後味ほっこり 「阪急電車」

片道15分の阪急電車の中で行きずりとなったことにより、ちょっとだけ前へ進んでいく数組の人々の物語
監督:三宅喜重 出演:中谷美紀



原作は、「フリーター、家を買う」の有川浩さん。
「図書館戦争」や「空の中」、「海の底」、「塩の街」など、
自衛隊もののハードな話が代表作のようですが、
私は「フリーター~」やこの「阪急電車」みたいな優しい小説も、有川さんの得意分野だと思う。
この2作、すごく好きなので


さて……
恋人を寝取られた腹いせに、純白のドレスで結婚式に出席した翔子。
顔が良いだけのDV男と別れられないミサ。
孫とは仲が良いが、息子夫婦とはイマイチな時江。
いやいやママ友達との会食に付き合っている康江。
家の家計を考えて第一志望の大学をあきらめようか悩む受験生悦子に、
軍オタの男子学生と野草オタの女子大生。

それぞれが、ちょっとだけ阪急電車の中で触れ合い、
それがきっかけで少し勇気が出る。
一歩前へ進む

最後に全てが劇的に一つに収束するというわけではないが、
それぞれがあったかい

この、短い距離を走る電車のローカルな雰囲気が、
そのほっこり感を倍増させていて、後味がいい。


私がこの中で好きなのは、
自分が傷つく覚悟の上で白いドレスで結婚式に討ち入りした翔子。
その潔さと強さ、小気味よさ。
中谷美紀さんがバッチリはまっていて、素敵だ。
今TBSで放映中の「仁」の花魁役も抜群で、
顔はもちろん、仕草もしゃべり方も美しくて気高いのが見応えあるし。
つい目が行っちゃう女優さんですね。

でも、映画で一番だったのは、宮本信子さんの存在感だった。
凛として筋が通っていて、可愛い孫に対しても「ダメはダメ」。
それをこの女優さんが言うと、柔らかくて嫌味のかけらもない。
原作では確か、元教師だったと思ったけど、
映画では明かさなかったのね。
うるさいオバサン達への逆襲が、原作と違って一ひねり足りなかったのが残念
また、この人が「いい駅よ」と薦めた小林駅のよさが、今一つ伝わってこなかったことも

この映画を観て思い出したのは……
関西に旅行したときに、電車で隣に座った知らないおばちゃんに話しかけられたこと。
内容は忘れたが、フツーの知り合いみたいに、フツーにどうでもいいことを。
関東人の私は面食らって、「だ、誰か他の人と勘違いしてる?」とキョロキョロしたりして。
離れてた連れがそれを見て、私が偶然知り合いに会ったかと思ったらしい。
九州人の友達も、関西のスーパーでに知らないおばちゃんにフツーに話しかけられたと言っていたし。
それほどフレンドリーらしい関西人。
こういうのが、この「阪急電車」という物語の前提にあるのだろうな、と思う。
関東じゃ、成り立たない話かも


観て良かった、と思える映画だけれども……
やっぱり原作ものの宿命で、小説の良さが収まりきっていない。
小説の、映画的に絵になる事実を追ってはいるが、
有川さんの本領は、その文章の「間」みたいなものにあると私は思うので。
語彙が豊富で、キャラが秀逸、思わず吹き出す絶妙な間合いと切れ味の良さ。
ご本人が「大人向けのライトノベルを目指している」とおっしゃっているのが納得の、
軽く読みこなせる楽しさがある。
この映画を気に入った方には、是非お勧めの作家さんです



コメント

優しくて良いお話だったわ~(⌒▽⌒)
本当は、劇場で見そびれて、もう見なくてもいいかな、
とか思ってたんだけど見て良かった。
junjunfさんは原作も読まれてるのね。

確かに、関東では成り立たない話かも・・・
関東だったら、どの辺だろうな。
昼間の東横線とか・・・


  • 2011/11/14(月) 02:12:26 |
  • URL |
  • くう #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

くうさん、こんにちは~。

これはホントにほっこりあったかいお話でしたよね。
関東では想像しにくく……
でも確かに東横線あたりなら
いけそうかも。
電車って殺伐とすることが多いので、
こういうようなことが実際あるといいなと思います~。

  • 2011/11/28(月) 17:00:38 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/111-14320c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

阪急電車 片道15分の奇跡

線路は続く。人生も続く。  

  • 2011/05/07(土)14:42:06 |
  • Akira's VOICE

阪急電車 片道15分の奇跡

阪急電車 片道15分の奇跡 OFFICIAL FILM BOOK (TOKYO NEWS MOOK 226号)片道15分のローカル線・阪急今津線に乗り合わせた乗客たちの人生がクロスする物語。大きな感動はないが、見終われば少しだ ...

  • 2011/05/07(土)20:18:30 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

自分の足で歩き出そう!『阪急電車 片道15分の奇跡』

始点から終点まで片道15分のローカル線、阪急今津線の電車内を舞台に描かれた群像劇です。

  • 2011/05/07(土)21:21:22 |
  • 水曜日のシネマ日記

『阪急電車 片道15分の奇跡』・・・人生の機微に触れるとき

有川浩の原作がとにかく好きで好きでそれはもう大好きで、これまでに何度読み返したことか。 宮部にしろ伊坂にしろこれほど繰り返し読んだ本は他にない。それだけに原作での主要人物のうち一組のカップルが登場しないと知った時は愕然としたものだが、いざ観終えてみると...

  • 2011/05/08(日)21:05:59 |
  • SOARのパストラーレ♪

阪急電車 片道15分の奇跡 悪くないよね。この世界も♪

【=23 -6-】 関西は全国より1週間早く封切り、有川浩さんの原作「阪急電車」は読んでない、読まなきゃと思いながら読んでない。 すると映画になった、そりゃー力は入りますよ~、このブログにもブログパーツを初めて使ったり、前売りチケットも余分に買った。 頼みます...

  • 2011/05/09(月)09:49:12 |
  • 労組書記長社労士のブログ

【阪急電車 片道15分の奇跡】人はみな、やりきれない気持ちを抱えて生きている

阪急電車 片道15分の奇跡 監督: 三宅喜重    出演: 中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、南果歩、谷村美月、勝地涼、有村架純、玉山鉄二、芦田愛菜 公開: 2011年5月            ...

  • 2011/11/14(月)02:07:58 |
  • 映画@見取り八段

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。