筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病んでこその迫真の舞台 「ブラック・スワン」

花形の看板バレリーナが降板、ニナが次のプリマに抜てきされる。優等生タイプの内気なニナは、白鳥の気品は演じられても、二役の官能的な黒鳥を演じることに難がある。厳しい監督やヒステリックな母親、強力なライバルによってニナはプレッシャーをかけられていく……
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン



芸術ってむずかしい
健全で純真すぎると、悪を演じられない。
=プリマになれない。

でもニナには、絶対主役をやるんだという確固たる野心はある。

だから苦しんじゃったんだよね、きっと。

人格が分裂し、幻を見、自分の体を傷つける。
そりゃー怖い。
ほとんどホラーだ

もう、周りからの嫉みだったり、
要求が高度だったり、それをあっさりできてしまうライバルがいたり、
更には過保護な母親に悩まされたり。
プレッシャーが大きすぎ

でも演じ切ったあとの笑顔には、充実感が漲っていたから……
本人は幸せだったと言えるのだろうな。。。
例え自分が壊れてしまっても。
だからこその迫真、迫力の舞台になったんだろうこともわかる。




でもねえ……



基本的にグロいのが苦手な私としては、
ちょっとした血の滲み方の異様さ、
その積み重ねが、不気味すぎて、、、
耐え難かった

更に、病んだ精神世界の話というのは、
どうも好みではなくて。

ナタリー・ポートマンはすごかったです、演技もバレエも。
アカデミー賞も納得

ただ、元気になれない。
というか、吸い取られる感じの映画で、
観終わったあとは、ドーンと落ちて疲れましたね……

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/114-dd5672b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラック・スワン

羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   

  • 2011/05/23(月)18:01:43 |
  • Akira's VOICE

ブラック・スワン/ナタリー・ポートマン

最初の頃に劇場でながれていた予告編は『ガラスの仮面』のバレエ版のようなヒューマン・サスペンス・ドラマ風の印象だったんですけど、ここ一ヶ月くらいの映像は何だかホラータッ ...

  • 2011/05/23(月)18:22:15 |
  • カノンな日々

映画レビュー「ブラック・スワン」

Soundtrack◆プチレビュー◆バレリーナの狂気を描く心理劇はまるでサイコ・ホラー。ナタリー・ポートマンの入魂の演技が最高だ。 【85点】 幼い頃からバレエ一筋に励んできた生真 ...

  • 2011/05/23(月)19:31:19 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

背中が全てを物語る。『ブラック・スワン』

念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。

  • 2011/05/23(月)22:23:14 |
  • 水曜日のシネマ日記

ブラック・スワン

【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・...

  • 2011/05/24(火)13:10:27 |
  • 新・映画鑑賞★日記・・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。