筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レナードの朝」 喜びも哀しさも

実話ベースの、神経病患者と医師との闘病生活。レナードは30年間、ろくに体を動かすことも話すこともできない。他にも同様の入院患者を抱える病院に赴任してきたセイヤーは、彼らに反射神経が残っていることを発見する。

1990年 監督:ペニー・マーシャル 出演:ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ



希望からもらえる元気、勇気。
圧倒的な絶望からくる無力感、悲しみ。

その両方を突き付けられて、感情の幅が振り切れた映画だった

病気というのは、人間の力が及ばない厳しい壁であることがしばしば。
それがまだよくわかっていない分野なら、なおさら。
だから、症状の緩和が見られると嬉しい。
もっと頑張ろうと思える。
悪化すると悲しい。
自分にはどうにもできないことに、歯ぎしりし、絶望感に苛まれる。

実話ベースのこの闘病映画は、それらを誇張することなく、
現実を冷静に淡々と切り取っている感じがした。
それが逆に、感情に訴える力が強まっていると思う

まったく止まっていた彼らが動けるようになったときにはワクワクするし、
再び戻ってしまったときには、セイヤーと同じくどうしようもない無力感を抱いてしまう。

映画の舞台は1969年だけれども、
この神経病、現在は治療法は確立されているんだろうか。
そうあって欲しい。
元の状態に戻ってしまうまで、ずっと前向きだったレナードのためにも、
必死で助力しようとしたセイヤー始め、病院スタッフ達のためにも。
一旦は一筋の光明と希望を持ったであろう家族のためにも。

体が勝手に動いてしまい制御ができない患者を、デ・ニーロがすさまじい演技で見せていた。
アカデミー賞ノミネートも納得。
受賞じゃないのが不思議。
そういえば「レインマン」のダスティン・ホフマンも、自閉症役がすごかったのを思い出したな。。。




苦しさ辛さ哀しさが大きいけれど、だからこそ少しの優しさや明るさが際立つこの映画の中で、
特に好きな場面は……

公式に認められていないパーキンソン氏病患者用のLドーパという新薬を、
「全員に使う費用は出せない」とセイヤーが上司から断られたときの、
仲間達の行動

それと、レナードのおそらくは生まれて初めての恋心。
それを自分からサヨナラするしかなかった切なさ。
彼の思いをわかってくれた彼女が、ラストダンスをリードしてくれたシーン

そんなレナードがセイヤーに放った、
「健康な体と自由を持っているくせにあんたは何もしないで一人でいるだけだ」という切実な叫びが、
通じないはずがない。
で、人付き合いの苦手なセイヤーが、同僚の看護婦エレノアをコーヒーに誘えたというだけなのに、
何でこんなに嬉しいんだろう、ってくらい嬉しくなる


そのどのシーンでも、うるうる。

最後には涙腺、ぶっ壊れます。
要注意






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/117-baf23335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。