筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想以上に熱かった「BECK」

変わらぬ毎日、未来に退屈していたコユキは、ギタリストの竜介と出会い、千葉、平、サクらとのバンド「BECK」に入る。初心者のコユキだったが、練習を重ねるうちギターのみならずボーカルとしての才能が見え始め……
2010年 監督:堤幸彦 出演:水嶋ヒロ



水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、中村蒼、向井理

この出演陣を見ただけでお腹いっぱい、
みたいな旬ど真ん中のラインナップ。

なので正直なところ、内容はあんまり期待してなかった。
……ところがねぇ、これが意外に(失礼)面白かったんだな。

いろいろ躓いたり悩んだりしてる輩が集まってバンドを組む。
そして晴れの舞台目指して、一つになってゆく……

ま、青春ドラマの定石というか王道というか。

これが熱い
この熱さが何か心地よくて、
グングン勢い増して最後まで一気に引っ張られちゃった

一流と認められるまでが簡単過ぎる感はあったけれど、
映画は2時間だから急がなくちゃね。
きっと原作ではあれやこれやとあるのだろう。

それにしてもやっぱりこの5人、さすがに旬の人気者達。
(あ、水嶋くんは引退したんだっけ……
それぞれに勢いとかオーラみたいなものを感じますな。

面白かったのが、実際帰国子女な水嶋くんと忽那汐里ちゃんの
英語の掛け合い。
ネ、ネイティブだ……
ま、日本語の間違え方はベタなんだけど、
怒鳴り合ったりするシーンにすごい迫力があった。
うまい起用だ。

あと……
健くんの歌声、聴きたかったなぁ。

最初とか前半は、彼の歌声を消してイメージを映像で見せる、というのがとても効果的で、
たぶんどこどこまでも澄んだ深ーい歌声なんだろうと想像させられた。

けど、何度も出て来る健くんが歌うシーン。
最後まで口パクだけじゃ、不満がどんどん募る。
よほど健くんが下手なのかと勘繰っちゃう……

桐谷くんのラップ(だよね?)が様になっていたので、
(私は全くの門外漢なのでそう評すること自体も後ろめたいのだが)
健くんのも、たとえ下手でもいい、聴いてみたかったわ~


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/127-77c578e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『BECK』

□作品オフィシャルサイト 「BECK」□監督 堤幸彦□脚本 大石哲也□原作 ハロルド作石□キャスト 水嶋ヒロ、佐藤 健、桐谷健太、中村 蒼、忽那汐里、向井 理■鑑賞日 9月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想?...

  • 2012/01/13(金)08:15:18 |
  • 京の昼寝~♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。