筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑って満足 「ザ・マジックアワー」

ボスの女を寝取ったことがバレて海に沈められそうになった備後。苦し紛れにボスの探している殺し屋・デラ富樫と知り合いだと嘘をつく。売れない俳優村田に映画と偽って身代わりをさせるのだが……
2008年 監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木聡



拡大し続ける三谷ファミリー

でもどんな役者さんが増えようが、その三谷テイストは厳然と動かない。
ホントに軸の安定した力量のある作家さんだと思う。

この「マジックアワー」も、その味付けの冴えっぷりは全開。

芝居のつもりの村田と、実際の現実である親分や一番弟子の、
ズレているのになぜか何となく噛み合ってしまう会話の妙がおかしくて

佐藤浩市さんて、すごく上手い役者さんなのに、大根役者の役。
その大袈裟すぎて下手すぎる演技が上手すぎておかしすぎる(ややこしいわ)。

結末も、え、こんなんで終わり? と思った後がすごい。
三谷ワールドならではの盛り上がり

面白かったな~、
と満足する。

個人的な意見だけど、佐藤浩市さん演じる村田大樹は、
スタッフの方が向いてそうだけど、と思ったな。



ところで、この映画、
「素敵な金縛り」の前におさらいしようと昨年中に観たのだけど、
「金縛り」に行くのが偉く遅れて年を越してしまって、
二年越しで三谷映画を楽しむことになりましたわ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/130-e5351e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。