筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船モノ好きならいける「亡国のイージス」

海上自衛隊イージス艦「いそかぜ」が、宮津副艦長と某国工作員ヨンファの一味の共謀により奪われる。彼らは特殊兵器「グソー」により日本政府を脅迫。艦に残った先任伍長の仙石は単身過酷な戦いを挑むことになる……
2005年 監督:阪本順治 出演:真田広之、中井貴一、寺尾聡、佐藤浩市



確か、「ローレライ」「戦国自衛隊1549」との三部作の三つめだったこの映画。
前作二つにちょっとガッカリしたので、
これだけ劇場へ行かなかった

でも、三つの中ではこれが一番面白かったな。
潜水艦とかの船モノ、割と好きな私

海上自衛隊の訓練。
それに紛れた某国人兵士達の謀略。
それを阻止しようと送り込まれた青年スパイ。
会議室でグダグダやっている政府上層部。
結局単身で魔の兵器を確保しようとする先任伍長。

……という、スケールのビッグなアクションエンターテイメント

ちょっと「クリムゾン・タイド」や「ザ・ロック」や「ダイハード」を思わされる。
というか、かなりいろいろ似てる。
う~む……

おそらく狙った見所は、
先任伍長に過ぎない(本来は体力勝負でない……んだよね?)一隊員の、
「グソー」なる兵器確保までのドンパチだったり、
利害が一致して組んだはずの某国兵士と
政府の隠匿を糾弾したい副長らとの仲間割れだったり、、、
なのだと思う。

ただ、たぶんそれを引き立てる一つにしか過ぎない位置付けだったと思われる、
スパイくんの成長物語が一番目をひかれた

それはきっと、この如月の役をやった勝地涼くんが秀逸だったせいじゃなかろうか。

この人、今時の軽い若者なんかも演るけど、
こういう戦闘ものとかのハードな役が、圧倒的に似合う。

真田広之、中井貴一、佐藤浩市、寺尾聡などそうそうたる顔ぶれの中にいながら、
一番印象に残ったものね。

絵のエピソードが好きだなぁ
ラストのあれで、何もセリフはなくとも
「元気です」と雄弁に語ってる

真田さんがダイハードばりにボロボロになるまで活躍して
カッコイイのはまあヒーローのお約束的な感じだけど……

中井貴一さんの某国人(どう考えても北○○だよね)役っていうのは、
面白いキャスティングだったな。

ただ、佐藤浩市さんが会議室っていうのが不満
現場で銃を手に戦う方に入ってて欲しかった……。

あと、安藤政信くんが……
かなり不気味。
何か柔らかいイメージがあったので、
今後ちょっと注目に値するかも

でも総じて、結構見応えあり。
ツッコミ所は多々あれど、船モノ好きならまあ割といけると思う。

船モノでは暗くて顔がわかりにくく、敵と味方の区別がつかーん!
なんてこともよくあった私だけど、そこは大丈夫。
それぞれが制服が違うので、バッチリわかりやすかったです

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/139-d9bad928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。