筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすっかり住人目線「ALWAYS 三丁目の夕日'64」

ライバル緑沼の出現で小説連載が脅かされる茶川。妻のヒロミは身重、淳之介は大学受験を控える。鈴木オートの社長は東京オリンピックに備えてカラーテレビを買うが、長男の一平の下手なエレキギターには頭が痛い。従業員の六子は仕事ばりばりの中、想いを寄せる医師がいた。だがその菊池には悪い噂があって……
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一



若干、ネタバレのような気もするので、
まだの人は観てから読んでね。




茶川が情けなくてイラッ
卑屈だしオヤジの真意も見抜けない子供だし
うまくいかないとライバルの悪口かい。

ヒロミさん、どこが好きなんですか~?
(経緯は知ってるけどさ。それにしても、、、
でも最後で少し骨を見せてくれてホッ。

淳之介はCMで事前に見たからわかってたけど、
一平くんも大きくなったね(しみじみ)。

どーでもいいことだけど、
茶川の一番弟子だから「緑沼」ってペンネームなのね。
淳ちゃん、こんな茶川の下でも曲がらず卑屈にならず、
穏やかで優しいまんま育ってくれて、おばちゃんは嬉しいよ

と、もう3作目にもなると、こちらもあの町の住人目線で見守っちゃうな。

菊池センセ、髪を撫で付けるクセが悪いっすね。
だから胡散臭すぎた。
あの服のセンスも……あの時代はイケてたのかな……
アマチュア時代の石川遼くんかと思っちゃったよ(失礼
でも未來くんが演ってるから、悪い結果になるとは思ってなかったけどね。
鈴木オートにぶっ飛ばされた瞬間は、笑えた笑えた

六ちゃん、おめでとう
人を見る目があるよね。
恋愛相談をヒロミさんにしたってことも含めて。
いつまでも素朴で純粋な六ちゃんでいてね。
でもご両親も式には呼ぼうよ。
タケオはちょっと可哀相だった……

中ではやっぱり鈴木オートが一番好き。
あの猪みたいな猛進ぶりが好き~
なのに嫁に出すときの顔ったら、おかしいやら寂しいやら。
堤さん、とても天才数学者の石神(注「容疑者Xの献身」)と
同じ俳優さんに見えない。。。
だからなお好き

他、
大森南朋さん、レトロな役づいてるな~、山部記者(注「運命の人」)かと思っちゃいました。
ヴェネチア映画祭で最優秀新人俳優賞を受賞した(注「ヒミズ」)染谷くんも気になりつつ。



で、その気はなかったのに、
うっかり間違って3Dで鑑賞(「アバター」鑑賞後、頭痛。以来ちょっと苦手)。

今はメガネオンメガネタイプもあるのね。
上から見た東京タワーなんか迫力満点だったけど、
でも長めだったせいもあり、やっぱり疲れた。。。
(途中画面が映らなくなるトラブルがあって、20分くらい延びたのも効いた……

やはり私は2Dで良いですわ。。。

コメント

2Dで見ました。やったー(⌒▽⌒)
もー、ほんと3Dは嫌い。ストーリーに集中できないんだもの。
今までに観た映画の中で3Dで良かったと思ったのなんか
「アバター」だけですよ。
どうしてみんな3Dで作りたがるんだろ。

・・・で、映画の方は良かったですねー^^
私も住人目線っていうか、もう親目線で見ちゃった(#^.^#)
鈴木オート最高♪

  • 2012/01/29(日) 12:03:55 |
  • URL |
  • くう #-
  • [ 編集 ]

2Dでいいと思います

くうさん
2Dのつもりだったのが、行った時間が3Dしかなくてね……
ちゃんと確認しなかったのを後悔。
3D映画って私も好きじゃないですね。
あれ、ホントに目によくないんじゃないかと思うし。
映画は、このシリーズは安心して観ていられる。
鈴木オート、最高ですよね!

  • 2012/01/29(日) 12:18:05 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

ろくちゃんの親

ろくちゃんの両親ちゃんと出てましたよ。

  • 2012/02/02(木) 09:52:39 |
  • URL |
  • ひまわり #-
  • [ 編集 ]

六ちゃんの親

ひまわりさん、こんにちは。

そうなんですってね~~。
パンフを買った知り合いから聞きました。
式場でホッペの赤い集団がいたとか……
気づきませんでした。
劇場にはもう行かないと思うけど、
次観る機会があったらチェックしたいと思います(^^)

  • 2012/02/04(土) 12:14:27 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/140-dda2a4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ALWAYS三丁目の夕日'64】変わらぬメンバー変わらぬ優しさ

ALWAYS三丁目の夕日'64 監督: 山崎貴    出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、森山未來、大森南朋、高畑淳子、米倉斉加年、須賀健太、小清水一揮、...

  • 2012/01/29(日)11:58:32 |
  • 映画@見取り八段

ALWAYS 三丁目の夕日'64

素直に感動を満喫した!!!  

  • 2012/01/29(日)12:05:31 |
  • Akira's VOICE

『ALWAYS 三丁目の夕日’64(2D)』

□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」□監督・脚本・VFX 山崎貴 □脚本 古沢良太□原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、       薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、マギ?...

  • 2012/01/29(日)15:02:48 |
  • 京の昼寝~♪

ALWAYS 三丁目の夕日’64

「ALWAYS三丁目の夕日 ’64」オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る愛すべき昭和を3Dで描く「ALWAYS 三丁目の夕日’64」。希望と絆が求められる今、必要以上に泣けて困った。 ...

  • 2012/01/29(日)19:31:40 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。