筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイットニー・ヒューストンの思い出

先日、急死したホイットニー・ヒューストン。
本当にショックです。



初めてホイットニーを聴いたのは学生時代。
当時、洋楽どころか邦楽すらあまり聴かなかった私。
つまり、時代にと~っても疎かった。

そんなとき、彼女の曲をダビングしてくれた後輩がいた。
聴いてみて驚いた。
その力強い突き抜ける澄んだ歌声。
これに惹かれない人がいたら、ウソだ。
そう思った。

その後輩に言った。
「all at once」が一番気に入った、と。

あれは、今以上に人見知りがひどくて、
同期以外とはなかなか打ち解けられないと思い込んでいた年頃。

オススメをダビングしてくれるという行為は、
何だか近しい人同士がやることだという気がしてた。
それをしてもらえたということは何か一つ壁を越えられたんじゃなかろうか、
と勝手に楽になった覚えがある。

同じ歌手に、「いいよね」と心から共感するということには、
親しみの強度を一気に押し上げる――そんな効果も確かにあった。
そしてホイットニーは、そういうことならうってつけの人だった。

だってホントに素晴らしく引き込まれる歌声だったんだもの。
記憶は定かじゃないが、その後輩に「もっとダビングして」とお願いしたと思う。

それから10年以上が経ち、「ボディガード」を観たとき。
このヒロインの歌、すごいぞ。
以前ホイットニー・ヒューストンを知ったときと同じ衝撃だぞ、と思った。
似てる、とも。
もう、相っっっ変わらず、ほんっっっとに時代に疎かった私は、
ホイットニーの顔を知らなかったのだ。
ご本人だと知ったのは、エンドロールを見たときだ……。

こんな薄ぼんやりな私でも、ファンでした。
今でも一番好きなのは「all at once」。



ご冥福を祈ります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/143-4c98bfef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。