筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何と言っていいかよくわからない 「大洗にも星はふるなり」

イヴの夜、大洗海岸の海の家に集められた5人の男。みな夏にここで一緒に働いた江里子から手紙をもらったのだ。我こそが彼女の本命であると、それぞれ強烈な自己アピールを始めるのだが……
2009年 監督・脚本:福田雄一 出演:山田孝之




海の家で繰り広げられる、マドンナの争奪戦。
といっても彼女はその場にいなくて、
ほぼそこにいる男5人全員の独り相撲、
というか妄想合戦?

とにかく、まーったりと、
意味があるんだかないんだかよくわからない独特の会話で
話は進んでいく、(のか?)。

この感じ、最近どっかで観たような……と思ったら。
そうそう、「勇者ヨシヒコと魔王の城」だわ。

何と言うか、チープな作りなんだけどノリでもっていく感じが。
調べてみたら、やっぱり監督・脚本同じ方。
山田くん、ムロさん、二朗さん、と
役者さんがかぶってるのも偶然じゃないんだろう。

面白いといえば面白いけど、
観なくてもいいといえばいい
人にお勧めは……特にしないなあ。

何かそういう、暇があったら観てもよいかな的な、
ゆる~い映画なんだな(映画じゃなくてもいいような気もするし)。

これCSで観ていたんだが、途中で停電になり、
30分以上中抜け

でもストーリーがわからなくなることもなく、
あんまり支障なかった……。

文句つけるような感じでもなく、
共感が湧くようなこともなく、
観がいがあったと思えるわけでもなく……

うー、感想難しい。

敢えて言うなら、若向きかな。
会話にしろ感覚にしろ、
そこそこの年齢(精神年齢含む)には、
ちょっと不協和音と感じるかも知れない……。

ということで、新しい、のかも

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/145-95af3458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。