筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういうこと、フツーなの? 「ダウト~あるカトリックの教会で」

あるカトリック系教会のシスターアロイシスは、生徒に恐れられる厳格な校長。それが、あるとき人望のあるフリン神父の黒人の男子生徒への態度に疑問を感じ……
監督:ジョン・パトリック・シャンリー 出演:メリル・ストリープ



宗教のお偉方が、その尊敬される立場を利用して、
少年に悪さをする――
そういう映画、すごくよく観る気がする。

そんなによくある話なの?
ひょっとして現実も?

いやいや、意外なセンを狙うとこうなる……
ということでかぶっているのだ、と信じたい。

この映画も途中から、そうじゃない展開にしてくれー、
と願い続けて観てたけど、
叫びも虚しく、やっぱりそこがキーポイントだった。。。

メリルは「プラダの悪魔」さながらの
貫禄バリバリな校長ぶりを見せてくれたが。
それはかなり観応えあったが。

いかんせんそういう流れのストーリーは、
もうお腹いっぱいです。。。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/147-60bbfb75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ダウト ~あるカトリック学校で~』

□作品オフィシャルサイト 「ダウト ~あるカトリック学校で~」□監督・脚本・原作 ジョン・パトリック・シャンリー □キャスト メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス■鑑賞日 3月8日(日)■劇場 チネ...

  • 2012/03/08(木)17:33:54 |
  • 京の昼寝~♪

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。