筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

擬似でも伝わるものがある 「八日目の蝉」

家庭を持つ男と不倫、子供を堕ろした希和子はその男の赤ん坊恵理菜を連れ去り逃亡。4年もの間、二人は擬似でありながら幸せな母娘だった……
2011年 監督:成島出 出演:井上真央、永作博美



不倫相手の子供を誘拐して育てる。
そしてその子も年頃になったら不倫。

……とな。
そんなザックリな概要だけでもうゲンナリし、
苦手なジャンルだと敬遠していたのだが

日本アカデミー賞をほぼ総なめしたのが納得。
非常に入り込まされる話だった。

暗い。
重い。
更に私は母親ではないので、共感もない。

でも、擬似であれ「思い」の強さが、ときに本物をも凌駕する。
そのことにはとてもうなずけるので、胸に迫った。

また余計な盛り上げもなく淡々と話が進み、
永作さんと真央ちゃんも淡々とした表情・声で、
だからかえって強く伝わってきたのかも知れない

しかし、希和子の切なさはとってもよくわかるし、
ああいう行動を取るしかなくなるまでに追い詰められたのも理解できるけど。

奥さんて悪くないでしょ?
ああなってしまうのも当然でしょ?
希和子に致命的な言葉を叩きつけたのも、彼女のせいじゃない。
それを悪役みたいに扱うのはどうなのかな、と思った。

諸悪の根源は、あの浮気バカ亭主なわけで、
もし私なら、愛人をあんな風に罵倒したり嫌がらせ電話するより、
亭主をブッ殺す

けど、世間一般に広く浮気がばれ、
あんな壊れた家庭で毎日毎日を過ごし、
それを一生背負っていく。
そっちの方が、罰としては妥当かもね。
考えとこう。

ま、そういうことはほぼスルーなストーリー展開なんであるが。

本題の方は、、、
一途に愛したら一途に全てを預けてくるのが子供。
血の繋がりを越えることもあるのだろうな、と思った。
何かがちゃんと伝わるんだとも。

恵理菜の最後のセリフにそれが表れていた。
まだ生まれてもなく顔も見ていないのに、
「私、もうこの子が好きだ」。
物語を集約する、救いのあるいいセリフだった。

抑えた中に苦悩を滲ませる真央ちゃん、愛情溢れる母永作さんもすごかったが、
他にも、小池栄子さん、余貴美子さんも強烈だった。

栄子さん、今ドラマ「リーガル・ハイ」で頭も切れる怪しい美人秘書が似合いすぎている。
なのに、ここでは背中の丸まったおどおどした調子。
なぜ? と思っていたら、やっぱり背負っているものがある女性だった。
あんな華やかな美人なのに、自然。
上手いんだなあ。

余貴美子さんも、「クレオパトラな女たち」でカッコイイ病院長だったのに。
うわー、貫禄。
妙な説得うまっ。
という、不気味でうさんくさい圧倒的迫力な教祖さま。
上手すぎる~。

賞を取ったお二人の他にも、
そんなステキな俳優さんいっぱい出てます。





ところで、この「八日目の蝉」を観る前、
あらすじを聞くたび思い出していた小説がある。
「氷点」(三浦綾子著)だ。

あれは子供を殺された父親が、
犯人の娘を奥さんに育てさせる(その素性を隠して)話だった。

あれも奥さんがタガが外れていって、
鬼みたいになるんだったと思う。
奥さんが浮気してる間に子供が死んだと、
逆恨みした旦那のとんでもない復讐

基本的にこういうドロドロは苦手なんだけど、
学生だったあの頃、信じられないくらいハマッていた。
私だけでなく、巷でかなり流行っていた。

この映画みたいに「母の思い」という、
救いのある強い軸があったわけじゃないのに、何でかなあ。
こういう、人間が暗闇にはまっていく話には、
引きつけられる何かがあるんだろうか。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/167-d08ecbfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。