筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度も観たい映画 「プラダを着た悪魔」

ジャーナリスト志望のアンディが仕方なく行き着いた就職先は、全米のおしゃれな女の子が憧れるファッション誌編集長ミランダのアシスタント。おしゃれに興味がなく中身で勝負しようとするアンディだが、公私混同のめちゃくちゃなミランダの命令に振り回され……
2006年 監督:デヴィッド・フランケル 出演:メリル・ストリープ アン・ハサウェイ



何と言っても、メリル・ストリープの超のつくほどの威厳と貫禄ある編集長でしょう
すさまじいインパクト。

命令は公私混同で、昼夜を問わずめちゃくちゃ
アシスタントを雑用係としか見ていない。
コートやかばんを「片付けろ」とばかりに投げ出すわ、コーヒーやステーキがいいタイミングで用意されていないと不機嫌になるわ、嵐で飛行機が止まったから別の手段を何とか手配しろと言って来るわ……

ハッキリ言って、憎憎しいです。無茶ぶりです

でも、仕事に誇りを持っている
その堂々たる振る舞いや、頭の切れ、センス。
全身から発信されるオーラ。
誰もが認めるその凄さ。
そして、、、見下していたアシスタントでも、認めると扱いが変わる

こんな上司の下についたら大変。
でもやりとげたら、きっとアンディのように未来が拓ける。
ただ、私には無理だな~~(←軟弱)

話の展開もスピーディで、次々と引き込まれていく。
そもそもしょっぱな、ミランダの登場が見事
シナリオでは、どうやって人物を登場させるかが一つのカギ、と言われたことがある。
ミランダがどれだけ優秀で、どれだけあがめられていて、どれだけ怖れられているか。
それがあの登場シーンだけで全てわかる

ダサかったアンディが、おしゃれに変身していくのも見物。
ただ、やっぱり女優さんだから~、って思っちゃう。
いきなりあれほどキレイに、着こなしもうまくならないでしょ~~

ミランダのあまりの仕打ちにアンディが愚痴ったときの、スタイリストの説得も素敵だった
ついつい「そうだよね。あなたも頑張ってるよ。ミランダってひどいよね」なんて慰めても、それじゃ本当にその人のためにはならない。
自分の甘さを気付かせ、それを認めさせる説得力。
こういうのは、やっぱりアメリカは突出してるんじゃないのかな。
少なくとも私には今までできなかったし、今後も自信はない。。。

最近の日本のドラマ、「リアル・クローズ」と似てるのかも。
私はそっちは未見ですが。

とにかく面白かった
私の中の、「何度でも観たい映画」のリスト入りしてます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/17-951205ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。