筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野原作という枕詞に甘えすぎ 「さまよう刃」

最愛の娘が、少年達によってレイプされ無惨に殺された。父の長峰は、謎の密告から犯人の一人を知り惨殺する。虚しいことだとわかっていながらもう一人の犯人への復讐に動く長峰だが……
2009年 監督:益子昌一 出演:寺尾聡



以下、めちゃくちゃ辛口の感想です。
この映画を気に入った方は、気を悪くすると思うので、
スルーをお勧めします。





公開された時、これを観ようか「狼の死刑宣告」にしようか迷い、
ケヴィン・ベーコン好きの私は、狼へ(→ケヴィン・ベーコンファン必見「狼の死刑宣告」)。

テーマは似ていて、我が子を理不尽に殺された父の復讐物語。

「狼~」の方は、アメリカらしく、復讐しちゃう。
でもこちら日本の「さまよう刃」は、少年法との兼ね合いで、
被害者感情の置いてけぼり感がメイン。

といった、重いテーマを扱うからには、
作り手はそれなりの覚悟を持って臨むべきだと思うのだが、、、

「狼~」には、復讐後、報復・報復の連鎖となり、本人の人生も堕ち、
不毛な戦いが延々と続いていく……
だから復讐は禁じられているのだ、という、
一つの答えを示していると思うので、その姿勢が見えた気がしたが、、、

ハッキリ言って、この「さまよう刃」の方は、非常に薄っぺらだった
ケヴィンの方へ行ってよかったわ。

何せ、登場人物の描写が浅すぎる。
寺尾聡さんだから、その表情の凄さで切なくはなるが、
この長峰は自分からどう動くわけでもなく、
ただ謎の密告に頼るだけの、最初の手紙による攪乱以外は何の知恵も使わない体たらく。
原作ではそんなことはなかったのに。

何より、
この長峰の絶望の中で、唯一救いになったはずの、
しかも憎しみから鬼にならんとする長峰の、人間としての情を最後まで失わせなかった、
という役回りのはずの、
ペンションの女性が全く登場の意味を成していない。

彼女の重い過去を省いてしまった時点で、
作り手側の、この原作をちゃんと表現しようという意思が感じられない。

共感してしまう過去もなく、ただ父子二人だから同じ家庭ですね、
というだけの設定になっている彼女からの説得があっても、通じるはずないだろう。
しかもその内容は、通り一遍の一般論でしかなく、
あまりに軽くてお粗末だ。
こんなんで説得される復讐犯がいたら、逆にビックリするわ

唐突に猟銃を貸してしまう父親も訳がわからないし、
竹野内くん演じる刑事は察しが良すぎてポンポン真相に近づいてしまう。
察しが良いだけでなく、刑事のプライドと人間としての感情の間での揺れが全くなく、
あまりに簡単にタブーを犯す。

そのくせ意味不明な長映しが多々あるのには閉口する。

結局、終始ありきたりな展開にしか見えず、
しかも密告者についてのどんでん返しもやる気はなくて、
ハナから明かしているのでミステリー劇でもなく。
「少年法」の矛盾提起としてもパワーがない。

寺尾聡さんも伊東四朗さんもすごくいい味を出してるのに。
役者さんがもったいなさすぎる。

映画は原作を読まずして観るべし。
最近はそう達観することにしたが
(これみたいに既に読んでしまっていたものはしかたないけど)、
これは映画を先に観てもな類だと思った。

別に原作通りやらなくてもいいし、
変えるべきところがあれば変えてもいいと思うのね。
文字と映像では伝わり方が違うと思うから。
でも、それは「ここ」というポイントを外さず、
それをより強く表すため、じゃなきゃ意味がない。
ただめんどくさそうなところを省き、刺激的な部分だけを強調するのでは、
いい映画になるわけがない。

『東野圭吾原作』という看板さえあれば売れるのさ、
という姿勢がありありの、観客を甘く見ている、
「この2時間を返してくれ」というレベルの映画だった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/177-e08f4fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。