筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活の良さ懐かしく思い出す  「桐島、部活やめるってよ」

ある日、バレー部のキャプテン桐島が突然部活を辞めたという。それがきっかけとなって、各部やクラスの人間関係に歪みが広がりはじめていく……
監督:吉田大八 出演:神木隆之介



何でも簡単にできて、モテるし、みんなにも一目置かれる存在。
いなくなると周り中が大騒ぎ。
という桐島は、その友達の宏樹や竜汰のスタンスの象徴といった感じ。

一方、泥臭くてもバカにされてても、
将来その道に進むのは無理とわかっていても、
我が道を行く映画部の前田や吹奏楽部の沢島が眩しい

つまりは宏樹が泣きそうになったラストは、そういうことなのか?
イマイチよく伝わってこなかったが

結局、桐島って何だったの?
この話の核心、それが知りたい客を最後まで引っ張った桐島という人物。
そこが最後まで明かされず、
本人の登場すらない。

こういう、スッキリ腑に落ちない結末は、あまり好きじゃない
というか、結末あったの? という感じ。
唐突に終わるんで。

また、恐らく原作がそうなんだからなのだろうけど(未読)、
最初のうち、同じ出来事を複数の生徒達の目線で繰り返す。
それが目新しいといえば目新しいのだが、
正直かったるくなって、少し退屈してしまった
映画的には必要だったのか、少し疑問に思う。

ただ、「部活ってよかったよなぁ」と懐かしく思い出した。
「部活」って響き自体がね、もう青春な感じで。
……という気持ちを起こさせるのが狙いなのか? もしや。

この映画部前田のように高校生ならではのひたむきなハマりっぷり、
自分にはできていただろうか? と、
ちょっとうらやましくもなった。

頑張っても限界が見えてしまって辛いのに、
「好きだ」という気持ちだけで打ち込み、続けることができる。
こういうのは学生時代にしかできないものな~

何でも器用にこなすし、彼女も上玉、いつだって上から目線なのに、
何かに無我夢中になれない奴は可哀相なんだと、
それが言いたい映画なのかな。

そういう部活ってものに説得力を持たせたのが、
スポーツ部の部員として出演していた方々。
素振り一つで「あ、この俳優さん下手くそ」とわかってしまうと
しらけてしまう私なので、
その点、バレー部もバドミントン部もみなそれなりに上手かったことで
ノれた。

あまり知らない若手俳優さんがほとんどだったけど、
みんな若々しい輝きが感じられ、清々しかった。

まあ神木隆之介くんはさすがに別格。
オタクのダサダサのモテない役でも、透明感があって微笑ましい

大後寿々花ちゃん演じる沢島の、好きな男の子へのアプローチがかわいい
頑張れって言いたくなった。
それが高じて、神木くんの映画部前田との場所取り合戦になってしまうのが見物。
共に真剣なんだから笑っちゃ悪いんだけど、おかしくてね。

一方、キレイ系の女の子達は……本音が直接的でコワイ
こういう子達が建前は友達だったとしても、悩みの本当のところは話せなさそうだ。

いずれにしても、青春の背景にはかなりの確率で部活がある。
春はそうそう長くない。
そのときを目一杯楽しんでますか?
……という解釈で正しいのでしょうかね。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/179-2c17024f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。