筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白かったけど…… 「闇金ウシジマくん」

イベント企画の仕事で貧乏から這い上がろうと駆け回る純だが、闇金業者カウカウファイナンスから金を借りる。だが金策がキュウキュウで、その社長丑島をハメて逆に賠償金を取ろうとし……
監督:山口雅俊 出演:山田孝之



テレビドラマも観ていたけど、
いつのまにか観忘れたりした
「ナニワ金融道」が大好きな私としては、好きなジャンルなわけだし、山田くんの大ファンなのに。
何故なのかな~と思っていたら、この映画を観てわかった。

一つは演技派の山田くんの怪演が見たいのに、
この丑島という男が、表情もなく淡々としているだけで、
キャラがあんまり面白くないのだ
冷酷非情ならそれはそれでキャラ立ちもしそうなのだが、
どうも影が薄い。
「ナニワ金融道」の緒形拳さんや小林薫さんは、非情なところがまた面白かったけどなあ。
原作未読なので、そもそも原作がそういうキャラなのか、
山田くんの役作りがイマイチ私の肌には合わなかったのか、
どちらかはわからないけれど。

もう一つは、後味がよくない、ということ。
お金に振り回され、お金のせいで身を滅ぼしてしまう、という
厳しさが表されるのはいいのだが、
丑島達の滞納者達への制裁は、どうも目に余ってしまう

ドラマ版も映画版も、まあそれは共通していて、
相当上手いはずの山田くんなのに、完全に林遣都くんに食われていた
まあ遣都くんも存在感ある上手い役者さんだから。

底辺から這い上がって成功を手にしようと、
かなり無理な金策をする、遣都くん演ずる純。
その為にかなりヤバイところにあちこち手を出し、
踏み倒すような法を犯すこともやるし、
闇金にやられそうになったらやり返す。

でも様々な不満を押し殺し、懸命に駆け回る様子は、
チャライながらもなかなか応援したくなる
そのチャラさが、今まで見た遣都くんにはない感じで、
でもハマッていて面白いのだ
せっぱ詰まった中で「燃えるゴミか燃えないゴミか?」の現実逃避には、
思わず笑ってしまったし。

山田くんは相変わらずの無表情。
冷酷無慈悲なのはいいが、それゆえの魅力があるといえば……
山田ファンの私から見ても……はて?

お金のストーリーにしても、
現実にはお金を借りて返さない側の方が悪どいこともあって、
そういうヤツには取り立てる側が天誅を下す、というフィクションなら、
爽快感があってもいいはずなのに……
どうも後味悪いんだよね

純くんは、最後の最後で女友達の純粋な気持ちを守った。
ならもう少しどっかで救いがあっても良かったかな、と思う。
最後のあれは、……ないよねえ

でもそれらを差し引いても、
かなり面白かったと思う。

ただ、バイオレンスやエロスの方に大分偏っていて、
それがこの「ウシジマくん」の売りのようだけど、
その辺は私はあんまりどうでもよくて。

イベントのダンスシーンはかなり見物だった。
ちょっと長すぎる気もしたけどね。

観て損はしなかった、と思う


ところで市原隼人くんがあんなところにチョロッと出演。
友情出演ですかね?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/180-17a30c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。