筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松さん怖い、阿部さんリアル? 「夢売るふたり」

夫婦二人でやってきた小料理屋が火事で消滅。気落ちした夫が浮気したのを機に、良妻だった妻が夫に結婚詐欺を仕掛けさせる女に変貌していく。
監督:西川美和 出演:松たか子、阿部サダヲ



これはもう、松さんの怖さを見たくて観に行きました。
いやあ、期待通りでしたよ(寒々)

それまで明るくてへこたれず、亭主を立てて亭主を支え。
それが夫の浮気を機に、見たこともない形相で態度で
圧巻の詰め寄り
この凄まじさで迫られたら、どんなことを要求されても
拒める男はいないと思われます

また、元々人が良くて優しい夫だった貫ちゃん。
でも店をなくしてしばらくは、妻が頑張ってるのにムカつく軟弱ヤロー。
あげく浮気。
どうして男って、自分の辛さしか見えないのかね

とにかく、とても詐欺などに縁がなさそうな「いい人」だったけれど、
実は才能があったのか、
妻にけしかけられたとはいえ、寂しい女を次々と騙して金を巻き上げるのに成功

阿部サダヲさんて、いわゆるイケメンではないけれど、
優しそうで受け止めてくれそうな感じがあるんだよね
結婚詐欺師って、もしかしたらこういうタイプが本当かも、と思わされましたよ。
ちゃらちゃら見てくれだけカッコイイより、
話を聞いてくれて共感してくれて、一緒に笑って泣いてくれる。
女はこういう男に一番弱いだろう、と思わず納得させられる。

そしてこれは、お金目当てという以外は貫ちゃんの真の姿で、
相手に同情しちゃうようなところも、大金をぽんと出させるほど信頼される要因になってると思う。
嘘はつくなら一つだけ。
他は全て本当で固めるのが、一番上手い嘘の付き方だと言われたことがあったっけ。。。

妻の里子の方は結婚詐欺をけしかけてはいるが、決して平気な訳じゃない。
本当はそんなことやらせたくもないし、側にいて欲しい。
貫ちゃんはどんどん女の扱いが上手くなるし、里子の本心が「許せない気持ち」だと
見抜いてしまう。
置いてきぼり感
たまらないですよね~。。。

ただ、そんな気持ちを表すのに、自分だって「女」なんだよ、と
二度ほどある里子の生々しい描写が必要なのかは疑問だったな。
カモのところへ行こうとする夫の袖をつかんだりするだけで十分だったように思う。

結局騙し取ったお金なんかでは幸せはつかめない。
里子の嫉妬から児童を巻き込んだ傷害事件が起きてしまう。
やっと開店できそうになった新しい店もパー

貫ちゃんは児童をかばって刑務所へ。
そして夫婦は終わったかに見えた。
それでも近い場所に里子は身を置く。
夫婦ってそういうもんだ。
……という、結論?
切ないというか痛いというか、哀れというか

もし私ならここまで執着できないな~と思った。
逆に「愛」がそこまでないってこと?
いや、まず最初の浮気の時点で、もう一緒に店をやろうとは思えないでしょうね

松さんの怖さは期待通り、
阿部さんの、いつものハイテンションを抑えた実直そうな詐欺ぶりも見甲斐あり
ただ後味としては、ちょっと苦い感じでしたかね。
西川監督のは、いつもそんなですが。

余談ですが、結構劇場には老夫婦などお二人で見えてる方が多く……
私はあまりそうはしたくない。
人にもお勧めできない、、、そういう映画でしたね。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/184-c7649c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「夢売るふたり」:松たか子がグレート

映画『夢売るふたり』、西川美和監督ですからクォリティーは保障されたようなもの。や

  • 2012/09/19(水)21:50:39 |
  • 大江戸時夫の東京温度

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。