筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと観ました 「踊る大捜査線 THE FINAL」

誘拐事件の被害者が射殺体で発見され、警察が押収した拳銃が使用されたと見られる。警官が関わっていることを隠蔽すべく情報は所轄に開示されず、本庁主体で行われていく。そんな中、古傷が辛くなったすみれは青島に告げず辞職して田舎に帰るつもりで……
監督:本広克行 出演:織田裕二、深津絵里



遅ればせながらようやく鑑賞。


長年のファンとしては、あの音楽が鳴るだけで心が騒ぐ
青島のグリーンのコートのはためきでときめく
ドラマの頃から、
会話の軽妙さや、
サラリーマンの悲哀を皮肉りまくった数々の署内の制度、
サラリーマンの矛盾を愛嬌あるギャグにするスリーアミーゴス、
キャリアとノンキャリという壁がありながらいい位置につけていた真下、
雪乃さんの透明感、
等々、すごく好きだった

ラストと銘打たれたこの映画は、
当初の「組織のごたごたが本来の仕事を滞らせる本末転倒」という
原点に戻ってきたかなあと思う。

むしろ、この映画の前哨戦として作られたSPドラマの方がそれはハッキリしてたかとは思うけど。
やっぱりそこがこのシリーズの醍醐味だと思うんで、その点は満足した

ただ……
いろいろ細かいことを突っ込むときりがないが、
例えば、
うーむ、あの人とその人が犯人一味っていうのはどうなんですかね
せっかくレギュラー入りしたのにねえ、って思っちゃう。


以下、いろいろネタバレしちゃってます~~~~~~



誘拐犯を青島が一人で見つけ出すっていうのも、あれれ、千里眼?みたいな。
そこに都合良くすみれさんが突っ込んでくるっていうのも。
そもそもこの二人、もういい年でしょうが、どうすんのよ。
真下んとこは小学生の子供二人もいるってのに。
大体、体がきついって言ってるのに「辞めるな」はどうなの。
「オレの側にいてくれ」が正解なんじゃないの

そもそも息子を誘拐された真下は何してたんじゃ、おい
青島じゃなくて、君がもっと走り回ってもよかったんじゃないの。
若い頃あれだけ現場でいい経験積んだんだから、
キャリアだからってふんぞり返ってるこたぁないでしょー。

スリーアミーゴスの出番、少なくない?
SPドラマでは真下との派閥争いがおかしくて、
それがもっと強調されるかと期待してたのにな。
ちょっと残念

そもそも「踊る~」はやっぱり青島とすみれさんと真下と雪乃さんだと思う私。
雪乃さんがほとんど出てこないっていうのは、事務所とかのごたごたとはいえ、哀しい

だから後から参加してきたメンバーにはあんまり愛着を持ってないんだけど、、、
にしてもあんまりじゃないのかなあ、今度の展開は。。。

「隠蔽」というテーマはものすごく一貫して伝わってきたけど。
って、それでいいのか?
青島達にしたって小さいことだけど「隠蔽」してるの、よくないんじゃ。
せめてあれを、唐揚げ屋で儲けてしまった分で買い取るとかの着地にして笑わせてほしかった

笑いと言えば、あんまり今回はそれがない。
かなり深刻な展開でそれはそれでドラマとして引き込まれはしたけれど、
「踊る~」っぽい軽快さがもう少し欲しかったような気も。
すみれさんが去ろうとしていて、事件にあんまり絡まって来なかったせいもあるかも。

原点に戻った感があるのは満足したが、
最後の青島の演説、あれはないでしょう
室井さんと二人で警察組織変えるんでしょ?
それがずーっとずっと前からの男の約束なわけで。
それには君が現場から上への要望を上げなくちゃでしょうが。
「お任せします」じゃなくてさ。
それを吸い上げて室井さんが動く。
そうしてこその二人のタッグなんじゃないの~?


……等々、いろいろぶつくさ言ってはいるが、
やっぱり好きなんだよね
キャストのみんなも老けてきたけど、テンポよくて楽しくて皮肉が効いてて。
ただ、本気で「FINAL」にする気だったら、青島殉職、なはず。
あの展開じゃ、いずれ「リターンズ」とかで帰ってくるでしょう。

でも観るよ。
そのときも



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/188-294d304d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。