筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女逆転「大奥」、意外にハマれる

男だけがかかる謎の疫病でその数が激減した江戸時代、大奥は美男3000人が女将軍に仕える男女逆転となっていた。困窮した旗本の実家を救うため奥入りした水野祐之進は否が応にも権力闘争に巻き込まれ、将軍の目にとまる……
2010年 監督:金子文紀 出演:二宮和也、柴咲コウ



普通の大奥のドラマには大ハマリしてたのに、
何となく食わず嫌いしてたこの「男女逆転」大奥の映画。
でもこれが意外に面白かった
もっと男どもがなよなよしてて、完全にお○マさん状態なのがズラリなのかな、
と勝手にイメージしてたもんで
(余談だけど、
先週始まったドラマの男女逆転大奥もものすごく面白かった。
またいずれドラマ評でも書くときに触れますが。)

奥入りしている美男達が、その容姿を武器にのし上がろうと画策している中、
剣の腕で将軍の役に立ちたいという芯が一本通っている水野は、
その対比のせいもあるだろうが、むっちゃ男らしく見えた
ニノはこういう男っぽいのも似合うんですね。
ただ、男が少ないから、子供が欲しい女性に金も取らずにやたらと種をあげているというのは、
優しいんだか何だか。
いや、江戸がこの状態だったら女共に取っちゃありがたかろうが……

そういう中で将軍として上に立った女性、吉宗。
なかなか威厳と迫力があって、ズラリと揃った大勢の美男に食われることもなく。
さすがなコウちゃんでした

でもなあ……
最後の吉宗のはからいは、粋といえば粋なんだろうが……
あなたは聖人君子ですか、みたいな超人精神というか煩悩超えてる、とかそんな感じがした。
自分の名前と同じ恋人がいると気づいてたわけだから……

人間なら、しかも女性なら……
でもって「わしも女だったということだ」と言わせたくらいの相手。
その見初めた相手がいくら死を前にした望みだったからって、
恋人を思って自分を抱く、ということを許せるもんだろうか
将軍のプライドとかもあるでしょ。
慈悲の方が勝ってたってことですか。
やっぱり偉すぎる。。。

まあね、顔がキレイなことだけを売りにした陰謀うずまく男の軍団を
一掃しちゃった最後は爽快だったけどね
玉木くん、嫌いじゃないんだけど、
こういう「やられて胸がすく」役が似合ってるのが何とも言えん

吉宗のお付きの加納が面白かった。
和久井映見さん、いい味。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/189-7d2f3b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。