筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度でも見たい映画 さりげなく粋な「しゃべれどもしゃべれども」

とてもお気に入りです
人情とか義理とか押しつけがましく叫ばれるのは嫌い。
なので、この映画の、さりげなく全体にちりばめられた「粋」な感じが、すごく心地よかった。

いつまでも2つ目の落語家、今昔亭三つ葉。妙な縁からそこに落語を習いにくるようになる無愛想な女、しゃべりの下手な野球解説者、東京に転校してきて大阪弁をいじめられる少年。それぞれが落語を通して成長していく。
2007年 監督:平山秀幸 出演:国文太一、香里奈


それぞれ、「しゃべること」につまづいている人達。
みんな何とか一歩進もうとしている。
その中心にいるのが浅草の落語家、今昔亭三つ葉。

この人がもう、セリフといい、行動といい、粋なんだな~
自分だって躓いているくせに、しごく面倒見がいい。
さりげなく朝顔を、というくだりなんかは、理屈っぽい言い訳とか説明とかのうまい奴らよりも、よっぽど心に響く。
すごく魅力的

言葉も表情も乏しくて可愛いげがない香里奈もいい。
三つ葉とケンカして気まずくなる。
でもその後、三つ葉が全身全霊を賭けた落語を、目の前でやってみせる。
一度見ただけの、プロの落語家さえ難しいといわれるその演目を。
これって告白だよね……とっても鮮やかな
「好き」も「愛してる」もなく、でもハッキリその心が伝わってくるところがとても好み。

子供の活きのよさも気持ちいい。
大阪弁が壁になって孤立している、とはいえ、
明るくて元気で前向き。
大阪人らしい、オチのある会話。
子供らしい解決の仕方を全うする彼が、とてもかわいい

松重豊の、しゃべり下手な野球解説者も好き。
その関連で、テレビにチラッと出てきたアンダースロー渡辺俊介
ロッテファンとしては、見逃せない一瞬……!

忘れてはいけないのが、師匠の伊東四朗。
これが、弟子のことを思いやっていながら、その失敗すら賭けにしてしまうほど面白がりぃな人物。
出番は多くないけど、やっぱり憎めない存在感がある

三つ葉のお母さんというのもまた小気味いい。
チャキチャキ言いたいこと言って、後を引かない。
言い方も好き。
ハラハラしながらずっと待ってたことを、「この辺全部掃除しちゃっちゃったじゃないか」とか。
この八千草薫さんが、ホントにステキなのだ。。。


余分なセリフはいらない。
全体を通して、セリフにない隠された部分を、行動で、表情で見せることに一貫している。
そこから登場人物の感情を汲み取るような、とても想像力を刺激してくれる、、、
そんな穏やかで鮮やかな映画だと思います







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/19-80280d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。