筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度観ても面白い 「逃亡者」

医師のリチャード・キンブルは妻殺しの汚名を着せられ、死刑囚となる。が、移送中のトラブルに乗じて脱出、逃げながら真犯人を捜す。手がかりは義手の男……
1993年 監督:アンドリュー・デイヴィス 出演:ハリソン・フォード、トミー・リー・ジョーンズ



これは初めて観たときからずっと大好きな映画

話はうちの母が若い頃ドラマ版を夢中になって見てたというくらいの
古いものがベースになっているが、
今観ても面白くて、観応え十分

妻殺しとして囚人となった男が、真犯人を見つけるために逃亡する。
だが医者の本能で、怪我人や病人を見過ごせず助けながら逃げることに。
でも頭がいいので、そんな状況でも真実に近づいてゆくし、
人望があるので手を貸す友人も多い。

というストーリーを追いかけるだけでもワクワクするのに、
加えて追ってくる連邦保安官が
実に頭が良くてリーダーシップがあって小気味よくて、
メチャクチャ魅力的なのである

この逃亡者をハリソン・フォード、
追跡者をトミー・リー・ジョーンズ。
この配役がまたワクワクに拍車をかける。

ハリソンはもう語るまでもない存在感だけど、
トミーがそれを上回る強烈な印象を残す。
これでアカデミー助演男優賞というのも納得。
この後「追跡者」というトミー主演の続編ができたの、わかるわ
そっちもまたかなり面白かった。

何にせよ、昔はあの強面のせいか嫌な役柄が多かったトミー。
今じゃどこぞの惑星からきて地球を珍しがる愛嬌ある宇宙人&家政夫にまで成長(?)。
ハーバード大でゴア元副大統領とルームメイトだったというほど、
ご本人も頭がいい。
だからハマり役というところもあるかもね。

この主演の二人、揃ってアラウンド50で、
邦画じゃそんなの、枯れてそうで映画館に足は運ばなさそう。
ああでも、堤真一(逃)&佐藤浩市(追)なら行くかも

とにかく、トミーのファンの方(私はこの映画でファンになりました)、
ハリソンファンの方、
観甲斐あるストーリーを求める方、
アクション好きな方、
その全ての方にお見逃しなく、と言える、
お薦め映画ですね

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/194-64fd6c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。