筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男達の熱いドラマ 「クリムゾン・タイド」

ロシアによりアメリカが核攻撃の危機にさらされる。対抗すべく出撃した原子力潜水艦アラバマの艦長ラムジーと副官ハンターは、途中で途切れたペンタゴンからの通信命令をめぐり、ミサイルを発射すべきかどうか真っ向から対立する……
1995年 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジーン・ハックマン



これはもう大好きで、何度でも観ちゃう映画の一つ。

指揮権の争奪を繰り広げる艦長と副官。
どちらも確固たる信念があり、
それはどちらが正しくてどちらが正しくないか、とは
誰にも言えない。
だから、どちらにもついていく部下がいる。
そんな男達のドラマ。

軍隊というと戦争が関わるので、
カッコイイというと語弊があるけれど、
何と言っても秩序がしっかりしているわけなので、
そういう態度とか仕草とかは、ビシビシしていて観てて気持ちいいものです

ストーリーも、上司がこんな風に割れたらどうする?
自分はちゃんとどちらかを選べる信念を持っている?
と、普通のサラリーマンにも共通する部分があって、
しかもそれが世界戦争に発展するかもしれない「核爆弾を発射するか否か」という
極限状況でありせっぱ詰まっているので、
緊迫感溢れ、観応え十分

セリフも練り込まれていて、とってもいい。
特に、クライマックス最高潮で二人の交わす「馬」に関するやりとりが、
最後にまた二人で交わすセリフにつながり、
それがすごくいいんですね

直接的な表現じゃない。
でも。
お互いの信念を通した。
どちらも正しかった。
あっぱれ。
というお互いを認め合う姿勢が、まっすぐズッシリ伝わってくる。
この粋な会話が大好きで、
このシーンを観たいが為に何度も観ると言っても過言じゃない

潜水艦ものにハズレなし、と聞いたことがあるけれど、
これは本当に重厚で熱くもありクールでもある良い映画だと思う。

デンゼル・ワシントンもジーン・ハックマンも素敵ですが、
私的にはヴィゴ・モーテンセンです、はい。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/196-c3fbcbd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。