筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しそうでまったり 「かもめ食堂」

ヘルシンキに食堂を開いたサチエ。客は来ないが、ミドリ、マサコのワケあり風な二人の日本人が手伝うようになる。穏やかにゆっくりと、食堂にはお客が入り始め……
2005年 監督:荻上直子 出演:小林聡美



特にドラマというドラマがあるわけじゃない。
フィンランドに食堂を開いた女性の物語。
だからといって、苦労話というわけでもない。
そこに日本人の女性二人が何となく集って、
まったりと淡々と過ぎる日々の物語

フィンランドの蒼い空、広々とした景色、透明感溢れる空気、
食堂で作られる鮭、唐揚げ、おにぎり、
シナモンロール、コーヒー等々の美味しそうな料理
それらに十分すぎるほど癒される映画。

この食堂を開いた女性サチエを、小林聡美さんが好演。
力が入りすぎず、かといって楽観視するでもなく、
いつでも背筋がのびた状態で、凛と前を向いている
ミドリ、マサコという二人は、何か悩みがありそうで、
でもそれはハッキリされないまま、食堂を手伝うことになる。
この二人が片桐はいりさん、もたいまさこさんというものすごく味のある配役で、
何だか穏やかで温かく、楽しくそしてピンとした雰囲気。
やがて誰も入っていなかったお店に、少しずつお客が増え、にぎやかになっていく。

お互い、いい年齢だけど自分の意見を押しつけたりしない。
「それいいですねえ」とあるがままを肯定する。
この三人が言うと、無責任でなく居心地がよい

いいなあ。

フィンランドへ行ってみたい。
今日はおにぎりとかカツとかを作ってみようか。
そんな気になる、気持ちが洗われる映画だった


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/197-38d9148a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。