筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息もつかせず最後まで一気観 「L.A.コンフィデンシャル」

L.Aのダウンタウンのカフェで大量惨殺事件。背後には売春組織、ヘロインなど街の利権争いが絡んでいるらしいことを、バド、エド、ジャックはつかみかけるが……
1997年 監督:カーティス・ハンソン 出演:ケヴィン・スペイシー、ラッセル・クロウ



ケヴィン・スペイシー。ラッセル・クロウ。ガイ・ピアース。
すごい顔合わせ。
これだけでもワクワクする
曲者、個性俳優、演技派。
そう言われる人達ばかり。

おまけに話は息もつかせない二転三転。
面白くて138分という長さを感じさせない
何度観たかわからないけど、やっぱり面白い。

50年代ロス警察の恐ろしさ。
残忍な事件の謎を追ううちに、それがあぶり出されていく。

女性に対する暴力を異常に憎むバド、
同僚に睨まれても出世への野心を燃やすエリートのエド、
テレビアドバイザーなどもする目立ちたがり屋のジャック。

これらのキャラクターも強烈で秀逸で、
対立していた三人が最後には一緒に謎と悪を追うのも爽快。

この話の中で私がすごく好きなのが「ロロ・トマシ」というキーワード。
この名前を言い残したジャックだが、
その意味が唯一わかるエドに犯人がうかつにも漏らす。
それがバドと協力するきっかけになり、
ラストまでマックススピード

ああ面白かった。
一気に観て、最後に気分良くそう思える

個人的にはジャック=ケヴィン・スペイシーにも最後までいて欲しかったけど。

ところで、キム・ベイシンガー、ホントにきれいで色っぽかったけど、
……私的にはアカデミー助演女優賞、っていう感じはしなかったな。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/198-d0a3ef2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。