筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続編だとこうなりがち? 「旅するジーンズと19歳の旅立ち」

幼なじみで親友のリーナ、ブリジット、ティビー、カルメン。それぞれがみな別々の大学に進み、すれ違いも多くなっていた19歳の夏、16歳の時にお守りだったジーンズをまた送り合うことにするが……
2008年 監督:サナー・ハムリ 出演:アメリカ・フェレーラ



前作の「16歳の夏」がよかっただけに、
ちょっとガッカリ

「16歳の夏」は、青春ものの定番ではあるけれど
お手軽恋愛ドラマじゃないところが面白かったのだ。

それがこの「19歳の旅立ち」は、まさにそんなお手軽な感じが否めず。
続編にありがちな、質の低下というか

くっついたり別れたりが簡単で、
二股のまんまになってんのはどうすんのよ? とか。
舞台をかじったこともない人が突然主役に抜擢されるって、そりゃないだろー、とか……
遺跡の発掘現場でサッカー遊びとか、しないだろ~! とか。
突っ込みどころ満載

何だか前作に比べ、ディテールが雑

ジーンズが回り続ける限り、いくらでも続編の作れる話だと思ったけど、
この「19歳の旅立ち」でなくしてしまったことにして正解かも。
このレベルなら、続きはもう観たくない。

残念だ。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/201-598bfc0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。