筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック伊藤英明を見る価値あり 「悪の教典」

明るくてカッコ良く、理解のある人気教師ハスミン。だが彼の周りから都合の悪い人物が一人二人と消えていき……
監督:三池崇史 出演:伊藤英明



以下思い切りネタバレしています
ただネタバレしていてもそう鑑賞に影響はない分野の作品だとは思いますが。




いかれた古いレコードが流れているかのような不気味なBGM。
事が成された後には何故か裸(&懸垂は「海猿」ファンへのサービス?)。
住まいは荒れ果て、
愛車は廃車寸前ぽい軽トラ。
インチキ臭い英語。

これだけの要素で、もう怪しすぎる
明るくて楽しくて生徒の人気者、ハスミン。
だが彼は実はサイコであり、
この後生徒の皆殺しにかかる。。。

予告を観たときには、
昨今多すぎる陰湿で悪辣なガキどもを天誅、みたいな話かと思った。
だから爽快感もあるかと思っていたのだけれど……

いや、何にもないじゃん。

原作はどうか知らないけど(未読)、
何かの理想を追うためでもなく、目的もなく、、、
初めのうちはまだわかるんだけど。
邪魔者を消していっているわけだから
うるさ型の保護者、秘密を見られた不良生徒、疑ってくる同僚教師と優等生ぶりっこ等々。

で、彼等を周りにはわからないようにうまいこと殺していく。
脛に傷持つ女生徒を誘惑して情報を引っ張り出し、
秘密を見られた男生徒へは酒の誘いで対等さを満足させ、油断させ。
盗聴器、妨害電波。
いや、もう、高校生なんかワルぶっても子供ですわ
ハスミンのこの「THIS IS 大人」っていうしたたかさ、ふるまい、女の扱い、に比べたら。

で、この辺りまではついていけたのだが。
どんどんエスカレートするハスミン。
異常者だってことなのか、
あとはただただショットガンをぶっ放す
ぶっ放しまくる
……それがちょっとわからなかった。
最初はあれだけ慎重だったのに。
そうする理由もないし。

で、全員ぶっ殺すから時間もかかる。
それがちょっと長い。
って、この血みどろこそ三池監督の見せ場? 真骨頂?
となると、この前の「黄金を抱いて翔べ」と同じくらい、
監督名を見ずに観に行ったことが間違い、ってことになるけど。。。

ただ、AEDとか避難袋とか、
あちこちになるほどという伏線があったのは楽しめた
きっとこれは原作の緻密さなんだろう。
「愛と誠」の場合を考えると、どれだけ原作の要素が残ってるのかはだけど。

あとは、役者さんがちょっともったいない感があったかな。
山田孝之くん、林遣都くん、平岳大さん、吹越満さん、染谷将太くん。
この演技派個性派揃いの面々を、どうも使い捨てな感じが。。。
(林遣都くんていくつなの? ってくらい、演じる年齢幅広くない?
東大出のエリート刑事は2年前、ちゃらいイベントプランナーは今年の夏、
今回は高校生。
「バッテリー」の中学生役のときは年相応だったのよね? 
あ、今21歳ですか、そうですか。ホントに面白い役者さんだ。)

でも、とにかくただただ伊藤英明さん
これはそういう映画でしょうね。
このキレっぷりが、その無表情が、迷いも良心も全くない殺しっぷりが、
……逆に潔く、むしろ閉塞感を叩き割ったような心地さえする
ナイスガイの役柄が多かった彼だけど、
新境地ですかね。
そういう観点だと、相当面白かったと言える。

続きあり、の臭いをぷんぷん振りまいて終わりました。
あったら見ちゃうな、たぶん。



余談ですが、原作の貴志祐介さん、出演されてたようです。
どこにいたのかわからなった。。。
昔、この方の「黒い家」という保険金殺人のミステリーを読んだとき、
文字だけなのにあまりにも鮮烈にリアルな怖さが立ち上がってきて、
映画化されたときに観ることができなかった
だって、その主人公が大竹しのぶさんって、もう想像しただけで怖すぎるんだもの。
その本は持ってるのも怖くて、引っ越しの時に人にあげてしまったほど。
私の中では「黒い家」だけですね、文字でこんなに怖かったのは。
なので、この「悪の教典」の原作も、気にはなるけど読むのは怖いです。。。


コメント

こんにちは~

どうしてもjunjunfさんの所にトラバをお返しできないんだ(;_:)
たまにポッと飛ぶ時間帯があるんだけど~^^;
後でまた試してみます。

爽快感は…ないですね^^;
心のない殺人者で自分のためにだけとことん殺り続ける
って所が「黒い家」と同じ。
サイコパスってコワイですね~。
伊藤くんが本当~に明るくて楽しくて良い教師なだけに、
こんな人がこんな裏を持っていることが本当にあるのかも、と思って怖くなりました。

山田くん、面白かったね( ̄∇ ̄;)
あれは、友情出演なのかしらん・・・

  • 2012/11/16(金) 18:29:27 |
  • URL |
  • くう #HYyagAN6
  • [ 編集 ]

Re: こんにちは~

くうさん、こんばんは~

何かトラバ的に相性が悪いようでごめんなさい(>_<)
でもいつもこうしていらしてくれて嬉しいです。

これは伊藤くんを見る映画、
そしてサイコパスとはどんなもん? と学ぶ映画(?)
な感じでした。
私的には。

山田くんファンとしては、もう少し出番欲しかった~(T_T)
女生徒に返り討ち食らった後に何のリアクションもなかったし。
怒って異常行動起こしたりとかね(いや、ホントにそれ見たいのか?)。。。

  • 2012/11/20(火) 18:16:48 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/206-534972ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「悪の教典」

人気教師は、サイコパス… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211100005/ 悪の教典 オリジナル・サウンドトラックV.A. rhythm zone 2012-11-07売り上げラ...

  • 2012/11/14(水)19:25:44 |
  • 日々“是”精進! ver.F

悪の教典

悪の教典 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る貴志祐介原作の衝撃作の映画化「悪の教典」。サイコパスを怪演する伊藤英明が見もの。生徒から絶大な人気を誇る模範的な高校 ...

  • 2012/11/14(水)20:22:16 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

悪の教典

2012/11/10公開 日本 R15+ 129分監督:三池崇史出演:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、山田孝之、平岳大、吹越満、、KENTA まるで出席をとるみたいに、先生...

  • 2012/11/15(木)13:51:49 |
  • 新・映画鑑賞★日記・・・

悪の教典

抜群の頭の良さがほしかったハスミン 【Story】 頭脳明晰なうえ爽やかなルックスで生徒はもちろん、同僚やPTAからも信頼の厚い高校教師、蓮実聖司(伊藤英明)。しかし彼の正体は...

  • 2012/11/17(土)09:33:33 |
  • Memoirs_of_dai

悪の教典

強烈ではあるがアクションが平板で勿体ない。  

  • 2012/11/17(土)13:27:31 |
  • Akira's VOICE

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。