筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待高すぎたか? 試写会「大奥~永遠」

公家出身の右衛門佐は綱吉の夫信平に呼ばれ大奥に入る。男好きの綱吉の目に止まりながら右衛門佐は側室を辞退、大奥総取締の座を望む……
監督:金子文紀 出演:堺雅人、菅野美穂



試写会が当たった~!

今まで当たった試写会といえば、
当たれば観るけど当たらなければ観なくてもいいや、という
そんな程度の興味のものが多かったのだが、
この映画は当たらなくても封切り直後に絶対観に行くぞ、
ってくらい気合い入ってた。
なのですごく嬉しかった……のだが。

結論から言うと、
……「ドラマの方がよかったな」
という感想に集約

先週最終回を迎えた「大奥男女逆転」は、本当に面白かった
江戸の世の安泰のために、徳川の血を継いでいくために。
個人の人生なんか二の次三の次、ましてや純愛など簡単に潰される。
でも、まず大儀があり信念があり民や国を思う気持ちがあるから、
誰も悪者に見えず、その分悲劇が哀しく。
そういうことが細やかに丁寧に描かれていたドラマだった。

特に主人公有功のキャラが素晴らしく、
堺雅人さんが仁徳と品格のある慈悲に溢れた元お坊さんを好演していた。
そもそも実力は太鼓判、人気不動と言える役者さんだったけど、
この役で更に女性ファンを爆発的に増やしたことはまず間違いないと思われる
多部未華子ちゃんの女将軍も圧巻で、
他の役者さん達の良さも思い切り楽しめるキャラの鮮やかさだった。

ストーリーも、男女逆転という荒唐無稽な設定でありながら、
史実となかなか辻褄が合っているのが面白かった。
その続編に当たる映画なら必見でしょうと思っていた。

……う~ん。
いえ、面白かったことは面白かったんですが。
ドラマのペースに慣れていたせいか、
2時間ではちょっとぶつ切りの寸足らず感が。
20年かそれ以上に渡るこの話が、何か早すぎて、
主人公達のお互いの気持ちが殆ど表されないまま、
最後に突然ああなられても、という唐突感が。

いや、CMで事前に(イヤと言うほど)耳には入っていたから。
二人が惹かれ合って、というのはわかってたけど。
……そこのところ、何か感情の描写が薄かったというか

何より綱吉があんなに長い間子作りのために「男好き」の汚名を甘んじて受け入れていたというのに。
それは国の為もあるけれど、たぶんお父上を喜ばせたかったから……なのに。
このお父上、自分の野心や若い頃からの対抗意識しか見えず、
一番大切なはずの娘を苦しめちゃって
権力を手にしたじじいの末路とは、あんなに無神経になっちゃうもんなんですかね。
そんでもってこのお父上、生類哀れみの令の元凶。。。
何じゃ、玉榮、あんた何してくれてんじゃい
ドラマでは結構いい位置につけていて、好きなキャラだったのにな。

右衛門佐が野心の男、というのもピンとは来なかった。
画策、上昇があっという間で、あんまりガツガツしてる感が見えないままで。
正反対のはずのドラマでの有功さまのようにしか見えないまま。
脚本と尺の問題でしょうかね

桂昌院と右衛門佐の争いが盛り上がったところは面白かったけど。

個人的にはラストが嫌い。
あれはないでしょう。
良くあるパターン過ぎないですか
今更「愛と誠」ですか、って。
何かちょっとシラッとしてしまいましたがな。
右衛門佐というのは架空の人物らしいんだから……
もう少し創造力のある結末を見せて欲しかった

柳沢吉保の最後の絶望もよくわからなかった。
綱吉の、右衛門佐への思いがハッキリしたら、いらないってことですか?
それもちょっと違う気がするし。
この役の尾野真千子さん、麗しくて怖くてよかったけど~

クドカンの、お育ちのよい公家ってどうなの。
意外に似合うんで、ちょっと笑っちゃった。


まあ……とにかく。
あまりにドラマに心酔してた分、
ちょっと期待が高すぎたんでしょうか、私。
残念~、という感がぬぐえずにいます。。。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/212-b55bdb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]

映画 大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]オリジナル・サウンドトラック男女逆転「大奥」のシリーズ第2弾「大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇] 」。平和ボケした元禄の権力闘争が愛情を蝕む ...

  • 2012/12/23(日)10:29:06 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]

そんなに興味があるわけでもないんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 時は江戸、男だけが患う疫病「赤面疱瘡」が流行し、女性が表舞台に立つ時代。 徳川五代将軍...

  • 2012/12/31(月)19:30:59 |
  • いい加減社長の映画日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。