筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若いジョニデ&レオが見物「ギルバート・グレイプ」

面倒を見なくてはいけない家族を抱え、ギルバートは生まれてこの方町を出たことがない。だが、トレーラーの故障で町に立ち寄ったベッキーの家族とのふれあいで、彼も少しずつ外の世界を感じるようになり……
1993年 監督:ラッセ・ハルストレム 出演:ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ



18の誕生日を迎える弟の知能は小学生並み。
母親は父の自殺のショックで食が止まらなくなり、巨大化。
他に妹が二人。

その家族らを養い、面倒を見、甲斐甲斐しく世話するギルバート。
自分のことは後回しで、望みを聞かれても家族のことばかり。

そんなデキた青年に見えるが、やはり人間
たまに母を子供の見世物にしたり、人妻との不倫だったり。
それが彼にとって小さな憂さ晴らしだったのだろう。

が、トレーラーの故障で町に立ち寄ったベッキーと仲良くなり、
癒されるようになる。

彼女と会う時間を作りたくて弟の世話がおざなりになってしまう。
弟にはギルバートの意思や思いやりなど理解できず、
ギルバートの足を引っ張るばかり。
ついに弟に手を上げてしまい、自分で自分が嫌いになる。

不倫相手の人妻は夫の死後町を出ていった。
トレーラーの彼女もいずれ去ってしまう人。
いつだってとり残されるばかりのギルバート。

閉塞感。閉塞感。閉塞感

本当にね……
誰だって家族が一番大事なはずだけど、時に逃げ出したくなることがある。
24歳の青年が一人で背負うには軽くないよね……
彼はすごく頑張ってたと思う。
そんな息の詰まる寸前の好青年を、若い頃のジョニー・デップが好演している。
ただしジョニデだからね……いつブチ切れて人間やめるのか、
みたいな期待しちゃうのよね、思わず
でもギルバートはホントにフツーの青年役。
私はこういうジョニデの方が好きだったな。
(この頃のジョニデは堂本剛くんに似てると思う私

それから弟のアーニーを演じたディカプリオ。
ほとんどまだ子供だけれども、この演技はすごい。
アイ・アム・サム」のショーン・ペンや、
「レインマン」のダスティン・ホフマンを思い起こさせる。
名演と言っていいと思う。
確かこれでアカデミー助演男優賞ノミネート。
受賞しなかったのが不思議なくらい。
(調べてみたら、この年は「逃亡者」のトミー・リー・ジョーンズが受賞。
なるほど、それじゃノミネート止まりでもしかたない……)

ラストは救いに見える見えないが分かれるところかもしれないが、
……燃やしちゃってよかったのかな。。。
帰るところはどうするの?
未成年抱えて。

私には何となく後味がイマイチだったけど、
この映画で癒された人もきっとたくさんいるんじゃないかと思える。
哀愁と優しさと嘘ごとじゃない人間臭さのある映画だった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/213-3fa26574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。