筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今クールのドラマ '13/1~

出だしは結構あれこれ手を出しましたが、
結局2~3本に落ち着きました。



イチオシ
「カラマーゾフの兄弟」
迷うことなく今回のイチ押し。
深夜枠だが、市原隼人、林遣都、斉藤工とゴールデンでも立派に成立する顔触れ
市原くんの、不気味で凄みある次男が絶品で、
演技力の飛躍的な成長と新境地にワクワクしますね。
話もスリリング。
文豪の原作は未読なので毎回先が待ち遠しい。
言ってみれば、テレビドラマというより舞台演劇みたい。
ありえなさそうな話でもガッチリ掴まれて、ハマらずにはいられない意欲作。
吉田鋼太郎、という男優さんは今回初めて観たのだけど、
この鬼畜過ぎるオヤジ役のがあまりに突き抜けていて、
憎たらしさを通り越して楽しみ。
刑事の滝藤賢一さんも(こちらはいろんなドラマでよく見かける方だけど)、
あまりに不気味すぎて楽しめちゃう。


続けて観ます
「相棒」
ハマったね。
成宮寛貴くんはバタ臭い派手な顔のせいかクセ役が多かったから、
どちらかという苦手だったけど、
ここでは肩の力が抜けたような自然体ですごくいい味出してる
ストーリーは毎回しっかりしてるし、会話も軽妙。
捜査一課の伊丹さんや鑑識の米沢さんなど脇のキャラも面白い。
で、この11にして今更ではあるが、
私に取って必見ドラマになった。
映画も観に行く予定。

「ハンチョウ」
前回に続いて観始めた。
話は相変わらず面白いんだが。
ハンチョウがちょっとデキすぎの人かなぁと思うとこあれど。
でもレギュラー4人のうちのお二人が舞台やロケで欠席って……
スケジュール調整、失敗したんでしょうかね。
無理にこのクールに放映する必要あったのかな。

挫折……あるいは寸前
「いつか陽のあたる場所で」
母とのすれ違いと確執が見応えあるなあ、と3回くらいまで観たんだが……
挫折。
話の先に興味が持てないのと、飯島直子さんの演技が不安なのと。

「塚原卜伝」
堺雅人さんと平岳大さんなら必見、と観出したら、
初回で脱落。
何か私には全く面白みがわからず、退屈してしまったので……。

「信長のシェフ」
現代フレンチシェフがタイムスリップで戦国時代へ。
信長のシェフとしてあれやこれやの戦いを料理で支えた裏話。
って、かなり面白い。
料理も毎回美味しそうだし、好きな話、
……なんだけど。
スイマセン、あんだけ達者な役者をたくさんお持ちのジャニーズさん、
主役、他に誰かいなかったんでしょうか。
ファンにはたまらないんだろうけど、ドラマを楽しみたいクチにはガックシ、の学芸会。
「いざ、戦国のキュイジーヌ」のひとことだけで萎えちゃうほどだ
志田未来ちゃんが脇で締めてくれているのが救い。
ストーリーはいいんだけどなあ、と、塚原卜伝と逆の理由で、挫折寸前。

「夜行観覧車」
あらすじ聞いて気は進まなかったが、湊かなえさん原作というので3回まで観た。
。。。3回で限界。
ツッコミ所、ありすぎ
例えば、家を買うって一生ものでしょう。
特にご近所については一番トラブル多いの常識なんだから、
あそこまで不勉強なままいきなり飛び込むか? と。
しかも注文住宅なんだから、住む前にも工事見に行ったりとかあるはずで、
その時期に挨拶も面識もないって不自然過ぎでしょ?
とか。
ありえない世界を楽しむという引力もない。
ので挫折。


……以上。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/219-4342f8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。