筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初から最後まで緊張しっぱなし 「アルゴ」

1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件。CIAは、映画制作のロケ隊に扮し彼らを救出する作戦を立てる……
監督、主演:ベン・アフレック



唸った……。

最初から最後まで、一瞬足りとも退屈せず、
最後はうまくいくのだ、とわかっているのに緊張しっぱなしの2時間だった

今年のアカデミー作品賞に輝いたこの「アルゴ」
観たかったのに行き損なっていたのだが、
受賞により近所の映画館で再上映。
飛んでいきました

テヘランにおけるアメリカ大使館人質事件に、
映画ロケ隊を装って救出するという、
そのサワリを聞いただけで「どうなるの?」と乗り出してしまう意外性。
それが実話だと言うから驚愕する。

ハリウッドの本物の映画監督、スタッフを巻き込み、
事務所を作り、マスコミで派手に広告し、
人質一人一人の「映画人」としてのキャラ設定をし……、と
手の込んだ壮大な大ボラである
けれど暴動で荒れたテヘランの凄まじさの映像があるから、
観ていて必死で応援してしまう。

そんな大嘘の後始末は? などと心配することなかれ。
「ハリウッドではよくあること」という「ぽしゃった」ですんでしまう。
こんな真剣な話の中でつい笑えてしまう

その塩梅がいい。
深刻な状況の中でもクスリと笑えるしゃれたセリフが散りばめられ。

題材もいい。
社会問題をわかりやすくテンポ良く展開する親切さもいい。
結果がわかっていてもスリルにドキドキする運びもいい。
これは観に行って大満足した逸品でしたね

ラストに流れる、実在の彼らの写真と俳優さんがそっくりで、
それがまたニンマリさせられる。
役作りが徹底されているのね。
(あのトンボっぽいメガネ、当時流行ってたんだなあ。。。)

そして何と言っても監督・主演のベン・アフレックがいい~
ええ、もう、結構長いことハリウッド映画のファンやってますが、
この人、ノーマークでした。
「グッド・ウィル・ハンティング」でマット・デイモンと脚本を共著したとか、
観なかったけど「パール・ハーバー」に出てたとか、
知識的には知ってたんだけど、あまり印象に残ってなかった。
……今日よくよく観たら、な~んてカッコイイ人だったんだ、
何故今までチェックしてなかったんだ、
と自分の不覚さに頭抱えるほどです
髭のせいかな。
何だか頼りなかったイメージが、まるで違ったもの。
髭があった方がいい、と思った男性は初めてです

ベン・アフレック、俳優でもこんなにGOODなのに、
監督としてこんな良作も作っちゃうとは……
天が二物も三物も与えている人、いるんですね~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/224-db429cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。