筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想外に良く得した気分 「ボクたちの交換日記」(試写会)

結成して12年目のお笑いコンビ「房総スイマーズ」の甲本と田中。いまだに売れる気配がない二人は30歳を前に互いに本音を語り合うべく交換日記を始める。
監督:内村光良 出演:伊藤淳史、小出恵介



「思ってたよりもずっと良かったわ」
終わって映画館を出る際、後ろにいたマダムが連れの方に言っていた。
それがそのまま私の感想でもある。

正直なところ、
試写会の募集があったので応募してみた。
当たったので行ってみた。
……という程度の私だったので、
どんな話なのか全然チェックもせず、従って期待もなく。
だからちょっと得した気分

監督がウッチャンだというので、奇をてらっていそうだな、という予想も杞憂だった。
ほぼ直球で涙腺を刺激。

結成12年も経つが未だ売れないお笑いコンビの二人が、30目前に勝負を賭ける必死さに打たれる。
お互い近すぎず離れすぎず、それでいて信頼と友情が厚い様は自然で心地よい。
男同士の交換日記も、唐突ではあるものの、悪くない、と思わされる。
ただ「泣かせ」の部分は、病気やゴミあさりなど、既視感ありありなので、
その辺りはもう少しひねりが欲しかったけど
「お笑い」で生き残るための厳しさや、売れてる人売れてない人、仕事を依頼する側の人、
それぞれの感情は、さすがにリアルだ。

キモとなる伊藤淳史くんと小出恵介くんの漫才シーンは、
なかなかリズムもキレもよかったんで、
かなりのトレーニングやダメ出しがあったんじゃないかと想像する。
小出くんてこんなに滑舌よくて声の通る人だったかな、と少し驚いた

途中何度もキーマンとして出てくる「福田」は、
顔とか芸風とかインパクトありすぎなので、絶対に本物の芸人さんの特別出演だ、誰だっけ?
と思ってたら、ムロツヨシさん。
いやあ、恐れ入りました、本当にお笑いで通用しそうなキャラの方ですわ


悪意や嫌悪のある人はいない。
それぞれがそれぞれの立場で一生懸命、思いやるからこそ辛い宣告もする。
芸能プロの社長とか番組のプロデューサーも、そういう目線で見るとキツイ商売だ。

人生で何を選択するのか。
何を捨てるのか。
そして相手に負担をかけないためのウソもつく。
でもどこかに本音を残しておきたい。
それが、もう終わってしまった後の交換日記。
永遠に読まれないとわかっていても、それは自分と折り合いをつけるために必要なことだった。
痛いほどわかる。

最初の頃の、何気ない「笑える」一言が、
ラストには、相手をわかり抜いたこそ「泣ける」一言となったのが、
私的にはとても好きだ。
エンディングに流れるファンモンの曲も良く、
後味良く映画館を出た





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/225-c55c33ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボクたちの交換日記

芸人交換日記~イエローハーツの物語~ [文庫]売れない芸人コンビの友情と悲哀を描く「ボクたちの交換日記」。監督のよく知る世界を丁寧に描いている。高校卒業後、お笑い芸人を目指 ...

  • 2013/03/28(木)09:37:06 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

ボクたちの交換日記

交換日記はエイプリルフールから始まる 公式サイト。鈴木おさむ原作、内村光良監督。伊藤淳史、小出恵介、長澤まさみ、木村文乃、川口春奈、ムロツヨシ、佐藤二朗、佐々木蔵之介 ...

  • 2013/03/28(木)11:04:20 |
  • 佐藤秀の徒然幻視録

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。