筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想が出るほど浸れなかった 「プラチナ・データ」

近未来、DNAを使ったシステムにより冤罪は皆無となった。そのシステムを作った科学捜査機関の神楽は、絶対の自信を持っていたが、ある殺人事件で神楽自身が犯人であるとの検索結果が出て……
監督:大友啓史 出演:二宮和也、豊川悦司



……う~~~ん。
何ともあんまり感想が出てこない。

つまらなくはなかった……こともなかった……わけでもなかった……かも

原作は東野圭吾さんで、映画化を前提に書いたものだとか。
既読なんだけど、読んだのは結構前なので、詳細な内容は忘れまくり。
だから映画でどこが変わってどこが気に食わない、とか覚えていなくて比べられない……

ただ、近未来、こういうシステムが構築され、その裏にはこんなからくりがあって、
とみたいなのは現実にありそうな話だな、と思ったのは覚えている。
以下はうろ覚えで、
確かあの謎の少女の劣等感は「あざ」じゃなくて「太っていた」だったような気がするし、
水上教授はオッサンだったような。
まあそういうところは変更されようがされまいが、大筋に影響なさそうではある。

というわけで、映画オンリーの感想になるけれど、
……正直言って、単調に感じた
いや、主人公が自分の仕掛けたワナにハマったようなどんでんや、
逃亡劇の疾走感はあるのだが……
終始同じような空気というかリズムというか。
そのせいか、ごめんなさい、ウトウトしちゃいました

何というか、「おおっ?」と意外に思うところがなくて。
笑いでも怒りでもいいから、緩急が欲しかった。

東野さん特有の、頭が良すぎて鼻持ちならない男に、ニノは静かに完璧になりきっていたし、
人格の演じ分けもさすがの安定感
トヨエツさんの現場刑事も似合いすぎていて、
これに生瀬さんとか杏ちゃんとか面白い顔ぶれだったんだけど。
不満だったのは、せっかく鈴木保奈美さんをああいう配役にしてるのに、
ぶち切れが不足に感じたこと……
彼女だったらもっともっと不気味で怖すぎる演技になるだろうと、かなり期待してただけに。

細かいところは突っ込み満載、かも。
近未来だからって、何でパソコンみんな英語かな
コンピュータ言語や外国とのメールはそれで当然としても、
日本人が使ってるんだから、OSとかソフトの入り口からして英語というのは不自然では
(しかも未来とはいえ、何げに2017年と出ていたのでたったの4年後なのに~)
それと連動してるのか、親切に「ここはどこ」と出してくれるテロップが、全て英語、しかもその和訳つき。
何でなのか意味不明でしたわ。

逃亡劇にしたって、お約束ですかね
警察が大がかりに追いかけてるのに、何の計画性もない素人の個人が
捨てゼリフまで残す余裕があって見事に逃げられてしまう。
お~~~~い。って感じ

音楽も最初から最後までうるさすぎ。
ラストの「嵐」の曲は(なかなかいい曲です)テーマ曲だからいいとしても、
こんなシーンでそこまでバシバシ大音響入れることないでしょー!
みたいなところが多々あって、気が散ってしまったり。




というわけで、まあ「観て損した」と思うほどの失敗ではないとしても、
もう一回観るかと聞かれたら別にいいやと答えるだろう。
感想がなかなか出てこないくらいの浸り具合。
私の中ではそういうランクの映画でした……





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/227-d2095669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラチナデータ

映画「プラチナデータ」オリジナルサウンドトラック [CD]DNAデータによる管理社会で起きた殺人事件の謎を追う「プラチナデータ」。所詮、人間をデータ化することなど不可能なのかも ...

  • 2013/03/21(木)21:13:57 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

プラチナデータ

2013/03/16公開 日本 134分監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。連続殺人犯のD

  • 2013/03/21(木)22:46:11 |
  • 新・映画鑑賞★日記・・・

『プラチナデータ』

□作品オフィシャルサイト 「プラチナデータ」□監督 大友啓史□原作 東野圭吾□脚本 浜田秀哉□キャスト 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏■鑑賞日 3月16日...

  • 2013/03/28(木)08:52:47 |
  • 京の昼寝〜♪

プラチナデータ/二宮和也、豊川悦司

東野圭吾さんによる同名小説を『るろうに剣心』の大友啓史監督が二宮和也さんを主演にして描くミステリアスなサスペンス・ドラマです。予告編を観るたびにどうして二宮くんが「プ ...

  • 2013/03/28(木)10:29:35 |
  • カノンな日々

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。