筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観て損はない「フラット・ライナーズ」

死後の世界への興味から、5人の医学生が自らの身体を使い心臓を人工停止させて臨死体験を行う。だがこれが彼らに幻覚を起こさせるようになり……
1990年 監督:ジョエル・シューマカー 出演:キーファー・サザーランド、ケヴィン・ベーコン



これはお宝映像の映画だ
うん。

まだジャック・バウアーが恐らく名前すら存在してなかった頃の
キーファー・サザーランド。
さすがな存在感は当時から健在だったものの、
アクの強い役ばかりのイメージしかなかったと記憶している

逆に青春俳優真っ只中だった頃のケヴィン・ベーコン。
現在のクセ役、汚れ役、悪辣な役など全く縁もゆかりもない、
爽やかな青年ぶりが似合っていて嘘のよう

その美しさに、今の不動の稼ぎ頭女優の片鱗こそ見えるものの、
まだあどけなさも残るジュリア・ロバーツ

名前を正確に認知してなくとも、
映画をよく観る人なら必ずどこかで観たことがあるはずな、
ウイリアム・ボールドウィン

この豪華過ぎるラインナップが、
全員初々しく、有り有りと輝かしい将来性を見せつけ、
嬉しくなってくる


だからと言って、アイドル映画というわけではなく、
ストーリーも意外にしっかりしていて、
最後まで興味をそらさせない
かなり昔に一度観たきりなので、
大好きなベーコン様が出ていたという以外は、
すっかり内容を忘れてた私。
「ど、どうなるんだっけ?」と最後の最後までドキドキ、
一瞬たりとも目を離せなかった。
昨今の下手なホラーよりよほど怖い
その怖さに、結構な説得力もある。
ちなみにフラット・ライナーズとは、
心臓が止まっちゃったときにモニターに出る平らな線のことらしい。

いや、あまり知名度ない映画だからってバカにできない。
良作もいっぱいあるもんです。
観た後かなり満足してしまった
うん。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/229-369a4ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。