筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見所は海 「崖の上のポニョ」

あるとき宗介の前に現れた半漁人。ポニョと名づけた彼女はいったん海に連れ戻されるが、宗介に会いたくて嵐の日に再びやってくる
2008年 監督:宮崎駿 声:山口智子



女の子が魚に見立てた海の上を走るシーンは見物
疾走感と活力に満ちていて、女の子の一途な勢いやエネルギーを感じた。
元気が出る。

時々半漁人に戻ってしまうのがかわいくて好きだった


ただ、ストーリーは著しく子供向きで唐突な感が拭えなかった。
子供向きでも「となりのトトロ」は大好きだったんだけど。

嵐の真っ只中に、母親が5歳の子供と友達だけ残して職場へ行く必然性がわからない。
それが急に試練とかいうことになって……どうも納得しづらく。。。
親をファーストネームで呼ぶというのも好きじゃなくて。


宮崎作品で躊躇なく見入ることができたのは、私の中では「千と千尋の神隠し」までかな。。。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/23-4905f946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。