筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適当に流して観てると見事に引っ掛かる 「アフタースクール」

中学の同級生神野、木村、美紀。美紀の出産のさなか、木村が行方不明に。そんなとき母校の中学教師、神野のもとに、探偵がかつての同級生だと名乗って現れる。証拠写真を手に木村の浮気疑惑を持ち込む探偵だが……
2008年 監督:内田けんじ 出演:大泉洋



どっちとも取れる巧妙なセリフ。
振り回されたから怒ったように見えた顔の真の意味。
シチュエーションを見れば夫婦で父親で不倫相手で、
という登場人物達の本当の関係。

観る側がうまーいこと騙されるように作ってある
特に、ステレオタイプな設定、ありきたりな場面、安易な展開に慣れ切っている身だと、
ついそのつもりで適当に流して観てしまったりして、完全にやられる
そういうのを逆手に取った、練り尽くした話と言っていいように思う。

だから胸が空く。
こういう騙され方なら納得するしスカッとする。
見事だな、と感心する

キャラにしても、大泉洋さんが抜群にいい味だ
この人、3枚目専門なのかと思っていたが、どうしてどうして。
一見コメディチックでも、
優しさだったり頭脳戦だったりプロ意識バッチリだったりの、
奥の深い人間がよく似合う。
いいですよ、ホント

気に入ってるんで、この映画を観るのはもう三回目だけれども、
飽きずに毎度感心する。

監督の内田けんじさんは
つい最近の「鍵泥棒のメソッド」でも大満足させてくれたので、
私的に注目度大。
次も、役者さんの魅力満開の、騙しバリバリの作品を期待中です

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/232-0e3abcd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。