筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てが敵という怖い話 「藁の盾」(試写会)

惨殺された少女の祖父が、その指名手配犯の清丸を殺害したら10億円支払うという新聞広告を出す。誰もが清丸の命を狙う可能性がある状況下、警視庁警備部のSP銘苅と白岩が彼を移送することになる。
監督:三池崇史 出演:大沢たかお、松嶋菜々子



うわー、、、後味悪っ
でも面白かった
藤原くん、キモ~。。。

と、感想は大体三言。



誰もが「こんな奴、天誅下すべき」と思う残虐犯。
そんな世間のお墨付きのついたクズに、10億の懸賞金がついたら?
どうしてもお金が欲しい事情がある。
なら、殺しにかかる。
……かもしれない。

と多分、殆どの人が思うのではなかろうか。

だから恐い
犯人を護送する道々に現れる日本国民全てが怪しい。
刑務所所員、医者、飛行機整備士、警官、諸々諸々。。。
関わる人間全部が刺客で有り得るのだから。

いやあ、そんでもって役者的にあの人もこの人も怪しくて、
いつ豹変するのかとドキドキでしたわ……

その周り中が敵、果ては自分の感情さえも敵、
という中で職務を全うしようとするSP二人。

ど、どうやって福岡から東京まで犯人移送するのよ~、と、
そりゃあもう手に汗握り

大体この犯人、ホンットにどうしようもなく異常者で社会不適応者で
そのくせ人の弱みを突くことは上手。
憎ったらしくて気持ち悪くてムカつく、
クズ以外の呼び名が考えられないヤローである

こいつを演じたのが藤原竜也くん。
ああもう、どうしてこういうどっか狂気じみた壊れた役が
無茶苦茶似合うんですかね、この人。
100人が100人認めるだろう文句なく可愛いお顔立ちなのに、
不思議と多いこんな配役。
もう最後の最後まで、超キモい

おかげさまで、守る方はあんまりに理不尽な犠牲ばかり。
だから後味は最悪、かも知れない。
でも、観て失敗だった、という意味ではなく。
テーマが重いからなのであって、かなり観応えある内容だった。



ただ、、、
このSP達、一流にしては脇甘すぎなんじゃない?
一体何回対象から延々目を離してんじゃ。
大丈夫なの? と思ってたらやっぱりじゃん
そこんとこは、まあお約束、というツッコミどころなのか。。。

まあ全体的に力強い作品なので、そこはスルーしてもいいかな。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/234-60717195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。