筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついつい観入る「猫の恩返し」

トラックに轢かれそうになった猫を助けた女子高生ハルだが、その猫は実は猫王国の王子だった。翌日から御礼の品が次々届き、更に王子との結婚のために連れ去られてしまい……
2002年 監督:森田宏幸 声:池脇千鶴、袴田吉彦



これは観出したら結局最後まで観ちゃう映画だ

ジブリはジブリでも宮崎監督じゃないし、
だからファンタジーもちょっとスケール小さめの身近な感があるし、
「耳をすませば」の男爵の転用ってどうなの? とか
(まあ雫ちゃんが彼をモデルにして書いた物語だという設定だとしても)、
池脇千鶴ちゃんて上手い女優さんで好きなのにどうにもこの主人公の声がシックリ来ない、
とかはあるんだけど

猫の王子様の声が、個人的に大ファンの山田孝之くん、
というせいもあろうが、
やはり子供向けに親切に、要所要所で見せ場が作られているせいだろうか。
観始めるとついつい他のことが後回しになる

何と言っても、フンベルトなんたらかんたらという長々しい名前の、
の男爵がめちゃくちゃスマートでカッコイイ

ちょっとした親切があだになり、窮地に陥ったハルちゃんを、
ややこしい事情など何のその、命を賭して助け、守り抜いてくれる
そのセリフやら立ち居振る舞いやらが、いちいち紳士で女心にどんぴしゃり、なのだ。
最後に「また会えるかな」とハルが聞いたときも、
潔いセリフ一つ残してアッサリと退いてゆく清々しさ

こんなオトコに出会ってしまったら、ハルちゃん、もう一生恋なんかできないんじゃないの?
と心配になるほどだ。
(余計なお世話よね、はい)

ちなみに私の好きなのはムタさん。
声の渡辺哲さんがピッタリなことも含め、あのはみ出し者っぷりがいい。
体つきだけじゃなく、その器に果てしない大きさを感じさせてくれるとこがいいのだ

あと、空からカラスが並んだ階段を降りてゆく、というの、やってみたいわ。

というわけで、放映されるとうっかり必ず観てしまう……
特に「好き!」とは思ってないのだけれど、自覚してないだけなんでしょうかね。

ごちゃごちゃめんどくさくなく、シンプルに楽しいのがいいのかも


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/247-b3a31f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。