筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪華で小気味よい「清洲会議」

信長亡き後、柴田勝家と羽柴秀吉がそれぞれ三男の信孝、次男の信雄を後継者として指名。それを決めるための清須会議の前に、両者の熾烈な画策が飛び交う。
監督:三谷幸喜 出演:役所広司、大泉洋



いろんな映画blogで出演者は豪華でも内容はイマイチかも、という評価を目にしたが……
いや、私は面白かった

要は藤吉郎と親父どのが繰り広げる、信長の後継ぎ決めの根回し合戦。
この大小様々なあれこれの駆け引きが、現代の会社でもあるある、という会議前のネゴを見るようで、
皮肉混じり的にスリリング

藤吉郎とは頭のキレる奴、というのは日本人なら誰でも知っていることだが、
品のなさと憎めなさを併せ持った強烈な個性を、
大泉洋さんが自然体なのにものすごく魅力的に演じている

どっちつかずのコウモリ的な佐藤浩市さんや、
恐ろしい威厳ながら可愛いげもある鈴木京香さん、
バカ殿っぶりがキュートな妻夫木聡くん、
剛の者過ぎてガサツで不器用で口臭がキツイ(?)役所広司さんなど
見せる見せる。

他にも、この人これだけでいいの、ってほど豪華な布陣。
見つけるのが楽しい。
それ故のダレもない。

ただ私的に不満だったのが剛力彩芽ちゃんかな。
あそこまで計算高い女には見えなかったのが残念

秀吉は人の機嫌を取る天才。
子供を喜ばすことにさえリサーチを怠らず考え抜く。
天才な上にそういう努力も怠らない。
イチローにも似た、それでは誰も叶うわけがない、という強さの理由を見た気がした。

歴史ものだけど構える必要もなく、
ちょっと長い気はしたが、小気味よくて楽しめた一本だった

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/257-70feeb2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。