筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い講師と町おこしの物語 「フラガール」

炭坑の閉鎖が言われる中、街では新たな売りのハワイアンセンターの準備が進んでいた。そのメインであるフラガールに応募したのはたった4人の素人で、わざわざ田舎まで呼ばれた講師の平山まどかはやる気が出ず……
2006年 監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優



ウォーターボーイズの、も少し深刻かつ大人版、な感じ。

町のメイン事業だった炭鉱が閉山していく中で、新しい売りが必要になる切羽詰まった背景

ハワイアンセンターのダンサーなんて、と、昭和40年代の時代柄、偏見がものすごい。
何せ裸で踊ると誤解してるんだから、、、微笑ましくもある。

けれどコーチとして呼ばれた平山まどかが、そのパワーと熱い気質と大きな優しさとで、
頑な町の人々を少しずつ動かしていく。
特に、生徒に暴力をふるった父親に怒り、男湯に殴り込みに行ってしまうなんて笑えるし暖かいし……好き~

紀美子のダンス練習を目の当たりに見て、真っ向から反対していたお母さんの気持ちが変わるシーンは、
全く言葉がないのに饒舌。
一番好きな場面

過酷な現実に立ち向かいながら、ダンスの技術だけじゃなく精神的にも成長していくフラガール達に涙が出る

蒼井優のダンスが見物。
熱くて生徒思いの平山まどかコーチに、松雪泰子がピッタリだった。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/26-096763b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。