筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まあよしとする。「MONSTERZ モンスターズ」

見るだけで人操れる男はその力故に孤独に生きてきた。が、唯一それが通用しない終一と出会い、対決することになる。
監督:中田秀夫 出演:藤原竜也、山田孝之



普通の人とは違う能力を持つが為に、
一人は人類にとっての敵。
もう一人は人類を守るヒーロー。
でも異端視されるのは同じ。
同じ孤独感を抱えながら戦うしかない二人。

そんな昔ながらの構図で敵対するのは、藤原竜也くんと山田孝之くん

話的にはあまりそそられなかったのだけど、
この二人の戦いっぷりを見てみたくて映画館へ

ま、そういうスタンスだったから、寂寥感たっぷりの悪玉藤原くんと、
善玉久々ながらハマるのはさすがの山田くんに満足はしたが。

まあ……
ストーリーは中途半端な感じがして、終わったときにはあんなこんなの消化不良。

名前の出てこない主人公が、悪に成り切れないとこがミソなのかも知れないが、
それが見てるこっちからすると物足りないというか、イラッとするというか
最後に名前明かして欲しかったし。

善玉がこいつを見捨てられないという展開になるのは意図的なのだろうが、
昔はそんな物語がさんざんあって、そういうのを読むたびに腹立たしく思っていたもんだ。
というのを思い出した。
悪いヤツになぜ救いの手をさしのべるのだ? と。
さしのべてもいいのだが、それは解決にはなっていない。
事態を悪化させるだけ。
そのためにどれだけ関係ない人達が死んでくんだ、っていう鬱憤がたまってしまう

戦い方も、最初はたかってくる大量の人が怖かったし、
それを蹴散らしている山田くんはなかなか見甲斐があったが、
そればかり繰り返されてるとねえ。。。
慣れちゃうし飽きちゃう

端々に思わせぶりに散りばめられた怪しさも中途半端だし、
ツッコミどころ満載。

松重さんの刑事は味方に見えて裏切ったみたいだが、
結局それによる山田くん扮する田中(ややこし)の苦悩とか爆発も見られず。
とか。

名無しの彼は一方的に忌み嫌われてきたからああいう生き方になったんでしょ。
それであんな破壊力あるなら、そして幼少に既に最初の殺人をしてるなら、
もうエスカレートしても罪悪感もなくなると思うが。
あんな理性が残ってるか疑問。
とか。

赤ん坊の母親、隣に血を流してる奴がいるのに気付けよ。
その人が助けてくれたのでは、と想像力を働かせろよ。
とか。

警察、バカ?
あんな武装したら返り討ちに遭うことくらい想像つかないのかいっ?

田中もわかってるんだから人混みに行くなよ。
ライトとか闇とか用意しとけよっ
「お前を止める為に生まれて来た」と言いながら、
策は特にないんじゃないの。
それってどうなのよ……。
傷の治りが早い特質も、あまり生きていない。
地図マニアという性格も面白いのに、筋に何の関係もないのがもったいない。

みんなが止まってる中で一人だけ普通に動いていた山田くんは可愛かったし、
仲間三人組は面白かったけどね。


まあ……
主演がこの二人でなかったら見なくてもよかっただろうな、
というのが素直な感想

映画には二通りの楽しみ方があると思うから。
一つはストーリーを楽しむ。
もう一つは役者さんの演技を楽しむ。
後者が満たされたので、よしとします

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/261-66174ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。