筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいペンギンのタップ 「ハッピーフィート」

皇帝ペンギンのマーフィは、みんなが当然出来るはずの求愛の歌がオンチ。その代わりタップが得意なのに、異端視される。だが魚不足が深刻になり、原因が人間の漁のせいだと見抜いたマーフィは、一人話し合いに出かける。
2006年 監督:ジョージ・ミラー 声:手越祐也




みんなが当然出来ると思っていることが出来ない主人公。
横並びの日本人には特にありがちな異端視。
あんなに自己主張の強いアメリカでも、こういう視点があるのね

歌はダメだけど、踊りが上手いんだからいいじゃない。
そんな風には思ってもらえず、白い目で見られるだけ。
「すげえ」「かっこいい」と受け入れてくれたのは、別種のペンギン達

哀しいかな、こういう光景、よくある気がする
でも、大人になってから気付くんだよね……、
特殊な才能がある方がすごいんだって。
そういうものが自分にも欲しいって。

ストーリーはそんな風に虐げられたマンブルが、
それでも正しい目と勇気を持ち続け、
皇帝ペンギンたちの危機を救うという、
単純で爽快な物語

ペンギンにタップ、という発想がすごい。
壮大な氷の上で、大人数でダンスし、ステップを踏む映像は圧巻
一見の価値あり。
とっても元気になれること、間違いなし


日本語版で観たのだけど、
心配だった手越祐也くんの吹き替えが、意外に上手かった。
この役、アメリカではイライジャ・ウッド。
ちょっと似てる雰囲気あるかも。
子供時代の声が加藤清史郎くんが、実にかわいい。

他に、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ロビン・ウィリアムスと
豪華声優陣。
聞いてみたかったわ~、
でも英語じゃわかんないし、、、しくしく
ちなみにヒューの日本語版はブラザートムって……。
よかったけどね、似ても似つかない……。


とにかく楽しくて、可愛くて、後味が良い見事なCGアニメでした





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/31-615886e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。