筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見逃さなくて良かった 「カールじいさんの空飛ぶ家」

妻を亡くしたカールじいさんは、思い出の詰まった家に大量の風船をつけ、妻と夢見た地へ向かって飛び立つが……
監督:ピート・ドクター

 
さすがピクサー。
もう、本当に素晴らしい
泣けて、笑えて、希望を持てて。
観た後に、「得したな~」「今日は当たりだった」「観て良かった」と思える一本。
めちゃくちゃ出遅れたけど、間に合ってよかった~

まずは冒頭の、妻のエリーとの出会いと楽しい日々と別れまで。
これが、ほんの数分なのに、、、
何物にも代え難い幸せな思い出、残された者の哀しさがクッキリと印象づけられる、鮮やかな序章なのだ

特に、ガラスを磨くシーン。
家の中と外の両側から磨いていたカールとエリー。
それが、エリーの死後は、カールが雑巾をよけてみても向こう側にエリーはいない。
こんな些細などうでもいいことが、大切な人がもういないんだと思い知るリアルさ。
既にここでもう切なくなって、思わず涙ぐんでしまったわたくし。。。

でも、物語はそこから始まる。
エリーとの思い出の家に大量の風船をつけて空を飛ばすカールじいさん。
その映像は、本当にファンタジックで壮観だ。
カーテンを帆代わりに操縦して飛んでいく。
とてもワクワクする。

たぶんカールはもう、人生最後の冒険だと思って旅立ったに違いない。
それは、妻と二人で夢見たパラダイス・フォールにいくこと。

だけど……

家に紛れ込んだ少年のラッセル、彼が手なづけただちょう(?)のケビン、そして落ちこぼれの犬ダグ。

彼らとの関わりが、カールを変えていく。
妻との思い出にしがみついていたカールが、それを捨てるほどに。
思い出の椅子も大切な家も。
あああ、、、ここでまたもわたくし、涙が。。。

その瞬間、カールは過去よりこれからを選んだんだろう。
じいさんだって、まだまだ次の新しい冒険ができることに気付いた。
あんなにも愛していたエリーとの家を「ただの家だ」と言えたんだから

「もうトシだから」
そんなセリフ、口癖になってませんか?
遅すぎないよ、きっと。
これからいくらだって始められる。
そんな希望をくれる映画。


それにしても、ピクサーのアニメはいいですね。
「WALL・E」ではまっちゃったけど、このカールじいさんにも大満足

偏屈な文句タレのじいさんも、必死で家を運ぶじいさんも、心を開いていくじいさんも……
どれも愛おしくて、たまらなくかわいげがあるように見えてくる。
好きにならずにいられない

カールのあの杖、欲しいな~。
よく椅子の脚なんかに床を傷つけないようにテニスボールがついてるのを見るけど、
そんな生活の知恵が、意外な役立ち方。
歩くときの補助に使うだけじゃなく、武器にもなるし、それに……ふふふ。
便利グッズですね。

同時上映の短編、「晴れときどきくもり」も楽しかった。

これは絶対オススメのアニメ映画ですね










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/33-853d33f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP)

『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想

  • 2010/02/25(木)19:22:03 |
  • yanajunのイラスト・まんが道

字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』

妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。

  • 2010/02/25(木)19:26:31 |
  • 水曜日のシネマ日記

カールじいさんの空飛ぶ家

最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...

  • 2010/02/25(木)19:28:37 |
  • ★YUKAの気ままな有閑日記★

カールじいさんの空飛ぶ家

『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』の...

  • 2010/02/25(木)21:57:34 |
  • LOVE Cinemas 調布

カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円

ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カー...

  • 2010/02/25(木)22:26:18 |
  • ノラネコの呑んで観るシネマ

「カールじいさんの空飛ぶ家」飛びます!飛びます!!

[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード  ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。ロボットとか車、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはご...

  • 2010/02/25(木)23:47:38 |
  • シネマ親父の“日々是妄言”

映画レビュー「カールじいさんの空飛ぶ家」

カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)◆プチレビュー◆ディズニー/ピクサー初の3D作品。計算されつくした映像と完璧な物語に圧倒される秀作アニメ。 【80点】 主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動...

  • 2010/02/25(木)23:47:41 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

カールじいさんの空飛ぶ家

どうにかほしい本作のバウリンガル 【Story】 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、...

  • 2010/02/25(木)23:49:40 |
  • Memoirs_of_dai

★「カールじいさんの空飛ぶ家」

今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。

  • 2010/02/26(金)00:25:24 |
  • ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』

□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト...

  • 2010/02/26(金)08:31:35 |
  • 京の昼寝~♪

【カールじいさんの空飛ぶ家 3D】

愛する妻が死にました―  だから私は旅に出ます。 甥っ子初の3Dに連れていってきましたー ストーリーは勿論、3Dの立体感に甥っ子ったら始終ワクワク興奮しっぱなしでしたー♪ 私は・・ 冒頭やられてしまいました! カールとエリーが出会った恋に落ちて、哀し

  • 2010/02/26(金)09:37:43 |
  • 日々のつぶやき

カールじいさんの空飛ぶ家

喪失と再生の優しい人間ドラマ。  

  • 2010/02/26(金)10:38:32 |
  • Akira's VOICE

カールじいさんの空飛ぶ家

 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかな...

  • 2010/02/26(金)22:44:47 |
  • 銅版画制作の日々

カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜...

  • 2010/02/28(日)07:09:30 |
  • C'est joli~ここちいい毎日を~

「カールじいさんの空飛ぶ家」

「カールじいさんの空飛ぶ家」 、観ました。 思い出の家に暮らすカール老人に窮地が訪れたとき、閉じられた本を開いた瞬間に、全てが解...

  • 2010/02/28(日)19:11:27 |
  • クマの巣

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。