筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インビクタス」 負けざる魂の作り方ともたらすもの

1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラの実話を元にした物語。様々な問題が山積する中で、人種差別もその重大な一つ。ある時マンデラは、白人の愛するラグビーが、それをアパルトヘイトの象徴ととらえる黒人との和解に役に立つのではないかとひらめく
監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン



確か、学生時代に習った「アパルトヘイト」。
南アフリカ共和国は、そういった白人の黒人に対する人種差別がとても激しい国だと。
すごく昔のような気がするけど、その問題に大きなメスが入ったのは、ごく最近の事だったんだ……と自分の無知を痛感

大統領になって、しっぺ返しをするのではなく、「赦し」をもって行動するマンデラには、ガンジーを思い出したな。

その力は、彼のボディーガードの白人と黒人のわだかまりからまず和らげていき、
ラグビーの主将で白人のピナールの共感を得、
やがてワールドカップという国際的なプロジェクトを通して全国民へ広がっていく。
このあたり、洗われるような気分がどんどん盛り上がっていったな~

そして、このワールドカップの決勝戦を観る国民達がいい。
個人的には去年の野球のWBCを思い出した。
もう、誰彼構わず、勝利の喜びを分かち合う感覚
あの、共に同じ興奮で盛り上がる一体感は、
和解への道をグッと引き寄せるのに絶好だろうなと、素人考えながら思う。

そしてそれを揺り起こしたのが、ネルソンが囚人時代に身につけた「負けざる魂」。
これがあってこそ得ることが出来た「赦し」と「勝利」。
不遇な時期こそ何かの土台を築ける、と思うべきなのかも

ところで、この決勝戦。
あのオールブラックス相手に、一つもトライを許さなかったのね。
南ア側も一つもトライできなかったんだけど。
決勝戦は、ペナルティゴールとドロップゴールだけで決まったとは……
すごい試合だったんだ。

途中、日本はこのオールブラックスに145-17で負けたとネルソンに報告があった。
「どうやったらそんなに点が取れるんだ」と言っていたが
確か日本でもワールドカップ開催が決まったはずだけど……2019年?
日本も頑張って欲しいな~。

で、確かにあの決勝戦の模様は素晴らしかったんだけど……
ちょっと長くなかった?
結果は予想できたので、そう感じちゃったのかしら

その分、もう少し「赦し」政策の他のエピソードも見たかったような。
これだと、ラグビーばっかり、みたいな印象にも感じてしまうし。

全体的にも期待してた以上の感動が来なかった……
何かこう、意外性がなかったというか。
期待しすぎたかな
あ、もちろん感動はしたんですよ、爽やかで。
ただ、もしかこの後大統領が暗殺に? とか
いらない不安がよぎったりしたもんだから。。。

でも、スポーツを通して国民が一体化する……そういうドラマは、とても好き。
そしてその中でもやっぱりクリント・イーストウッドは盛り上げ上手

ネルソンを演じたモーガン・フリーマンは、アカデミー主演男優賞ノミネート
大統領とか、元囚人とか、モーガンはそういう役が回ってくる役者さんなんですね。
ピッタリでした。
個人的には「ショーシャンクの空に」を思い出してたけど。

ピナールを演じたマット・デイモンも、アカデミー助演男優賞ノミネート
こちらは今までとはちょっとイメージが違ったかも。
ちょっとストイックな、いかにもラガーマンという力強さ。
いつもすごく目立つ人だったけど、今回は抑えめにネルソンの理解者を演じている感じだった。

ラストに流れた映像は、ネルソンやピナールご本人なのでしょう。
モーガンもマットも、とてもイメージが似てました。
それと一緒に流れた歌は、、、「ジュピター」みたいだったけど、違うのかな。

コメント

こんばんわ~

どうも、どツボにはまっちゃって、結構早い段階から
ボロ泣きでしたわ~(; ;)
どんな時代でも国でも、こういうリーダーが必要なんだと心から思いました。

>何かこう、意外性がなかったというか。

あ~、何となく解る感覚だわ。
イーストウッド監督の作品って、ガーン。。i-241と来るのが
多いからね~。
これは、爽やかな感動を引いたまま映画館を出られる作品でした^^

  • 2010/03/04(木) 22:49:43 |
  • URL |
  • くう #-
  • [ 編集 ]

くうさん、こんにちは~♪

そうなんですよ~、、、
その「ガーン」がいつ来るかいつ来るかと身構えていたみたいです、知らず知らず(^^;)

でも、爽やかなまま終わってくれて良かった。
一つのことで一つになれる……
その感覚が私的にツボな映画でした。

  • 2010/03/05(金) 11:02:27 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

不屈の魂

junjunf さん、こんばんは~♪
イーストウッドの監督作となれば、やはり期待しちゃいますよね~
今回は、後味爽やか直球勝負の作品でしたね!

>不遇な時期こそ何かの土台を築ける、と思うべきなのかも

そうですね~本当に。。。
これが実話というんですから、何より説得力があります。
最近、腹の立つことがあった時、
思わずマンデラさんを思い出してしまいました~
心の中で「赦そう、赦そう・・・」と呪文の様に唱え(笑)

『ショーシャンク~』は、大好きな映画の一つですが、
モーガンさんって、イメージ的に善人なので
悪役をやっても悪い人に思えないんですよね~
控え目なのに存在感大のマットくんも凄く良かったです。
飛行機のシーンも実話なのでしょうか?!
曲も良かったですね♪ジュピターに原曲があったとは…^^;


  • 2010/03/05(金) 17:25:07 |
  • URL |
  • Any #PTRa1D3I
  • [ 編集 ]

Anyさん

わ~……
>心の中で「赦そう、赦そう・・・」と呪文の様に唱え(笑)

そうか……唱えなくてはいけませんね。
私はホントに凡人で、
いやいや、もっとイヤかも……
真っ正面から怒ればまだしも、
ひきずっちゃうのでイカンです……

モーガンさん、私もそう思うんです。
悪人にみえないですよね~?
最近、「フラッド」を観たんですが(いずれ感想アップします)、
あれも敵方なのに全然憎めない……
悪人役でもどっかこう情があったり、
芯が通っていたりで。
どの役をやっても好きだったりします。

  • 2010/03/05(金) 20:52:36 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

こんばんは~♪
私も思ったよりも感動がなかったです~
いい映画だし、ラグビーの試合結果では涙・涙だったりしましたが、、、イマイチ物足りなさがあって(汗)
>もう少し「赦し」政策の他のエピソードも見たかったような。
そうですね~
マンデラさんの人となりは伝わってきましたので、もっと途中に盛り上がりなどがあると良かったですね!それと、どうやってラグビーチームが強くなっていったかも知りたかったです。

  • 2010/03/07(日) 22:38:41 |
  • URL |
  • 由香 #-
  • [ 編集 ]

由香さん

そうですね~
何か精神論だけで強くなったようにも見えましたからね。。。
確かに強くなる過程を見たかったです。

あの負け方から立ち直って勝ち進んだのを見てたら、「スクールウォーズ」を思い出しちゃいました。。。(古すぎv-356

  • 2010/03/08(月) 18:11:31 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/35-0a21ad85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インビクタス/負けざる者たち

期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  

  • 2010/03/04(木)11:01:35 |
  • Akira's VOICE

インビクタス/負けざる者たち

ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッカム 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出...

  • 2010/03/04(木)12:49:50 |
  • to Heart

胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』

南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。

  • 2010/03/04(木)12:59:37 |
  • 水曜日のシネマ日記

インビクタス 負けざる者たち

 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映画

  • 2010/03/04(木)13:35:51 |
  • ☆彡映画鑑賞日記☆彡

インビクタス 負けざる者たち

『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想

  • 2010/03/04(木)14:36:18 |
  • yanajunのイラスト・まんが道

インビクタス/負けざる者たち

予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で~すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図

  • 2010/03/04(木)16:08:15 |
  • ★YUKAの気ままな有閑日記★

【インビクタス/負けざる者たち】

【INVICTUS】【監督】 クリント・イーストウッド   【製作総指揮】 モーガン・フリーマン     【原作】 ジョン・カーリン  【脚本】 ア...

  • 2010/03/04(木)18:02:36 |
  • +++ Candy Cinema +++

インビクタス/負けざる者たち

監督、製作はクリント・イーストウッド 27年もの間、刑務所に、 収容されていたネルソン・マンデラ。 アパルトヘイト政策終結を掲げ、 後に南アフリカ初の、 黒人大統領になった人物。 南アフリカ共和国大統領、 ネルソン・マンデラを モーガン・フリーマンが演じて

  • 2010/03/04(木)18:19:58 |
  • 花ごよみ

「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな~。

[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな~!イーストウッド監督。  南アフリカ

  • 2010/03/04(木)19:32:36 |
  • シネマ親父の“日々是妄言”

インビクタス/負けざる者たち(2009)

 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出し...

  • 2010/03/04(木)21:00:53 |
  • 銅版画制作の日々

【インビクタス/負けざる者たち】私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官

インビクタス‐負けざる者たち‐~INVICTUS~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコ...

  • 2010/03/04(木)22:18:46 |
  • 映画@見取り八段

インビクタス/負けざる者たち

偉人マンデラの理想と希望を、ラグビーとのつながりを通して描く実話だ。1994年、27年間の投獄生活から解放されたネルソン・マンデラは、南アフリカ共和国初の黒人大統領になる。アパルトヘイトにより黒人と白人の間にできた大きな溝、激しい経済格差、国際社会でのアピー...

  • 2010/03/04(木)23:36:36 |
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

インビクタス/負けざる者たち

インビクタス/負けざる者たち'09:米◆原題:INVICTUS◆監督・製作:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「硫黄島からの手紙」◆出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン◆STORY◆1994年、南ア...

  • 2010/03/04(木)23:51:02 |
  • C'est joli~ここちいい毎日を~

★「インビクタス/負けざる者たち」

最近、話題作ばかり作ってるクリント・イーストウッド監督作。 ラグビーというアメリカでは???系のスポーツを題材に、 でも実は人種差別問題を抱えた南アフリカ大統領ネルソン・マンデラもの。

  • 2010/03/05(金)03:48:50 |
  • ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

インビクタス/負けざる者たち

史実は史実 【Story】 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトに...

  • 2010/03/06(土)14:40:58 |
  • Memoirs_of_dai

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。