筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狼の死刑宣告」 ケヴィン・ベーコンファン、必見

たまたまそのガソリンスタンドに居合わせたが為に殺された息子。相手はギャングでただの通過儀礼でしかなかった。彼らが大した罪に問われないと弁護士に言われ、ニックは……
監督:ジェームズ・ワン 出演:ケヴィン・ベーコン



ケヴィン・ベーコン、久々の主役です
しかも悪役でもクセ役でもない。
我が子を理不尽に殺されて変貌してゆく、普通の父親です

白の狼 白のバージョン

都内では一カ所と小規模な公開ですが、飛んで行きました
全編出ずっぱりのケヴィンに、すっかり惚れ惚れ……
とはいうものの、そういうミーハー映画ではなかったのだけども

問題提起は「さまよう刃」と似ている。

映画「さまよう刃」を観ようかどうしようか悩みつつ、原作の読み直しを終えた先週。
読んだのは2度目だけど、救いがない……という暗い感想は変わらず
どうして日本の法律は、理不尽に我が子を奪われても復讐が認められないのか。
法に任せると、信じられない軽い罪にしか問われないのに。

そんなモヤモヤした余韻を引きずってこの「狼の死刑宣告」を観たのだけど、そこはアメリカ。

復讐、やっちゃう

けれど、相手がクズだからこそ、今度はそれがそいつらの大義名分になってしまうのだ……「仲間を殺された弔い合戦」という。
そもそも自分達が、何の罪もない人を遊び半分に殺したくせに
そこがわからないから、クズなんだよっ

あとはもう泥沼の戦争
報復されて家族をまた失い、その報復を。そしてまたその報復……。
自分もクズに堕ちていく

どうして復讐がいけないとされるのか、、、一つの答えなんだろうな~と思った。

ただ警察は何してるのかな~。
復讐する気満々なのを防ぐ素振りもなく、殺したとわかった後も彼をつかまえるでもなく……その辺が今一つ。
                           黒のバージョン 黒の狼



いやいやしかし、ケヴィンファンとしては結構見所ありました~

「クイックシルバー(1986)」を思い出させる一瞬のチャリ姿、走りっぷり、筋骨たくましいお体
51歳とは思えません

何より表情。
父親としての威厳、愛情
殺してしまったときのうろたえっぷり
特にラスト近くの、思いを遂げようとするまさにそのときの、達成感と哀しさがないまぜになった笑み。。。絶品。

ホントに上手い人なんだから……もっと主役やろうよ。
せめてもう少し上映館増やそうよ……。
と、ケヴィンファンとしては不満ぶーたれております


その他の不満1
この「狼の死刑宣告」ってタイトル、どうなの~?

不満2
この単館だけでしか上映していないってひどい
しかもそこの映画館、予告映画もホラーのスプラッタみたいなのばっかで、
怖かったよ~

不満3
白い画面に白い字幕が多くて読みづらかった
もう少し何とかなりませんか……。

不満4
前の席とほとんど高さが変わらない劇場で、前に座ったのは著しく髪盛った女性……なぜぇ!?




ケヴィン・ベーコン大好きな私→最近観たケヴィン映画 フロスト×ニクソン



以上

コメント

こんにちは♪

コメントありがとうございました。
ファンの方にはたまらない作品ですね。
こちらでは上映がなくて残念でした。大きなスクリーンで見たかったです。
復讐は悪いことだと思っていてたも止められない気持ちがとても伝わってきましたし切なかったです。
ケヴィン・ベーコンの悲しく切ない表情がとても良かったですね。

  • 2010/03/24(水) 13:25:24 |
  • URL |
  • yukarin #-
  • [ 編集 ]

yukarinさん

こんにちは~♪

ホントに、主演のあまり多くないケヴィン・ベーコンファンにとっては
たまらない作品でした(^^)/
アクション全開も嬉しかったですが、
彼の表情がとっても好きですね~

yukarinさんのご近所では上映がなかったのですか。。。
上映館、少なすぎでしたよね。

  • 2010/03/25(木) 09:33:12 |
  • URL |
  • junjunf #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/4-0b24d8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

狼の死刑宣告

大ヒットしてシリーズ化された『ソウ』の生みの親であるジェームズ・ワン 監督がブライアン・ガーフィールドの『狼よさらば』をもとに映画化。 大切な家族を理不尽な暴力で殺害されたことで、復讐の鬼と化した男の姿を 描く。妻と二人の息子と幸せな家庭を営んできた投資会..

  • 2009/11/21(土)00:05:19 |
  • だらだら無気力ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。