筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き込まれていく秀作 「プレイス・イン・ザ・ハート」

1935年、テキサス。保安官の夫が殺され、エドナは二人の子供と家のローンを抱え、途方に暮れる。そこへ使用人として黒人のモーゼスが入り込んできたり、家賃目的のために盲目のウィルを下宿させることになったりと生活が変わってゆくが、エドナは彼らとだんだん信頼関係を築き、次第に強くなっていくのだった……
1984年 監督:ロバート・ベントン 出演:サリー・フィールド、ダニー・グローバー、ジョン・マルコビッチ



とても素晴らしい映画です。
一見の価値あり
私が初めて観たのは去年。
観る前はあまり期待してなかったのに、観終わったら、
何故今までこんな秀作を見逃していたんだろうと、悔しささえ覚えたほど

この作品、第57回のアカデミー賞で、
ロバート・ベントンが脚本賞、サリー・フィールドが主演女優賞を獲得しています。
ロバート・ベントンさんというのは、
「クレイマー・クレイマー」でも監督・脚本を担当した方なんですね。
引き込まれる映画なわけだ~、と納得


エドナは、子育てと家事以外の他のことは、全部夫に頼りきりだった。
夫の死後は、経済的にも子供を折檻することも、全て自分しかいない。
あても自信もない。
自分のふがいなさに泣けてくる。

けれど借金のために家を手放す危機に立たされ、
エドナは、雇って欲しいと売り込んできた黒人モーゼスの綿花の知識と経験に賭け、
栽培を始める。

そんな中、業者がエドナをなめて吹っかけてくるのをモーゼスが救ったり、
最初は子供達を毛嫌いしていたウィルが、温かく接するようになったり、
綿花の早摘みをみんなで一致団結してやり遂げたり……

厳しい状況の中でも、温かくて爽快で充実感溢れていくのがとても心地良い
綿花摘みの様子がとても絵になっていて、印象深い。
厳しさと温かさを象徴しているように見えた。

そしてエドナは、最後には綿花の売り値を
モーゼスの言った以上につりあげるまでに逞しく強くなった。

……いや、この人は最初から強さを持っていたのだろう。
黒人が明らかに差別されていた時代なのに、
そもそもまだよく知りもしないモーゼスが銀のスプーンを盗んだのを、かばった。
それが、モーゼスのここまでの協力を引き出したのだと思うから。
こういう、情というか優しさというか、それも強さの一つだと思う。

ラストのモーゼスの出発は、そういう黒人差別が引き起こした悲しい結末
エドナはそのとき「あなたはやり遂げた」とモーゼスに誇りを持たせる言葉をかける。
モーゼスも、「こんなにここを好きになるつもりはなかった」と言う。
肌の色とか身分とかを越えた信頼関係がとてもすがすがしく、
そしてよけいに悲しかった。

ストーリーも、映像も、人間ドラマも、
ぐいぐい引き込まれて、見応えのある優れもの。
すごく好きですね


この映画のすぐ後に、このモーゼス役のダニー・グローバーは、
「リーサル・ウェポン」シリーズで余りにも有名になっている。
アカデミー賞助演男優賞ノミネートのジョン・マルコビッチも、
この後個性派として目立ってきたし、
他にもどうでもいい役ではあるが、エド・ハリスなど注目俳優がいっぱい出演。
サリー・フィールドは、私は「フォレスト・ガンプ」がすごく印象的だったな

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/40-12e2644e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。