筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-

同名の、野球&映画ブログから、映画だけ独立させてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白いけどトムが苦手 「ザ・エージェント」

スポーツ選手のプロとの契約管理をするエージェント。だが選手を商品としか見ない大手会社に疑問を持ち、ジェリーは提案書を配布。そしてクビ。独立についてきたのは会計係のシングルマザー、ドロシーだけだった……
1996年 監督:キャメロン・クロウ 出演:トム・クルーズ、レニー・セルヴィガー



じゃないだろ、・エージェントだろー、
とツッコミたくなるのは置いといて

スポーツ選手のプロ契約を担う仕事ぶりが、なかなか興味深い。
この映画の割とすぐ後に野茂投手がメジャー入りし、
この職業が注目されたっけ。。。
映画で観たから知ってるも~ん、と、
ちょっと得意げだった自分(何故……)を覚えてる。

で、そういう特殊な業界じゃなくてもありがちな、
大会社の利益至上主義と個人が無視されていくという実状。
それを指摘すると会社にお荷物扱いされてしまう……なんて、
何だか永遠のテーマかも。

物珍しい職業と、誰もが感じる共通点。
それがうまい按配のストーリーだと思えた。

ただ、夫婦になってからの2人のくだりが、ちょっと退屈……
何故亀裂が生じて、何故あっという間に仲直りしたのか、
イマイチわからんし。。。

それはそうと、とにかく息子のレイが無茶苦茶カワイイ!
この子を見てるだけでもほんわか幸せになれるわ~

たった一人のクライアント、ロッドは
オチャメなんだけど、ちょっとお調子者のおしゃべりすぎて、
好きになれないキャラだった……
キューバ・グッティング・Jrは、
この役でアカデミー助演男優賞を取ったそうですが。
でも、あの奥さんとの仲の良さは、
微笑ましくてかわいいくらいだったけど。

シングルマザーのドロシーは「世界一老けた26歳」と自分を卑下するけど、
どっかキュートで、なんとなく「ブリジット・ジョーンズ」を予感させた。
レニーもこのあとブレイクしたものね~。

ジェリーは優秀なエージェント……ということなんだけど、
どうも私にはトム・クルーズってそう見えなくて……
「ザ・ファーム」のときもそうだった……失礼

笑った顔も苦手なんだな~……
クライアントの裏切りを知る電話の、強張った笑顔なんかもう……
クラッシュっす

トム好きの方、ごめんなさいね。。。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://baseballdrama.blog18.fc2.com/tb.php/41-9a4c4660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。